ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ダストダスVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は7月発売の拡張パック「摩天パーフェクト」に収録されているカードから《ダストダスVMAX》を使ったデッキを紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■デッキのコンセプト

ダストダスVMAX》のワザ「キョダイシュウキ」で相手ポケモンを毒にしつつ、《ドクロッグ》の特性で打点を上げて削りきるのがコンセプトとなっています。

「キョダイシュウキ」の効果で逃げられないところを《ポケモンいれかえ》等のカードで無理やり逃してくるアクションには《ダストアイランド》で対応して、できるだけ打点を確保していくようにしましょう。

■採用カード解説

ダストダスV》《ダストダスVMAX

ダストダスVMAX》はぐるぐる回すというよりは、場に長く残ってじわじわ削っていくタイプのポケモンであるため1試合で使う枚数は多くありません。

そのため、サイド落ちを考慮した3−3の採用にとどめています。

ただ、1ターン目にエネルギーをつけないといけないため、《ダストダスV》のみ4枚目の採用を検討する価値はあると思います。

ドクロッグ

ドクロッグ》は2体立てると「キョダイシュウキ」で与える打点が170となるため、2発でほぼ全てのポケモンを倒しきることができるようになります。

そのため余裕をみての3−3採用としています。

ブラッキーVMAX

ダストダスVMAX》の特性でポケモンのどうぐを2枚までつけることができるということで、今回のリストでは《ジャイアントボム》を採用しており、これを探すためにドローサポートを使うターンがとても多いです。

そのため《ボスの指令》を使うことが難しく、その穴をカバーをするために《ブラッキーVMAX》を採用しています。

とはいえ《ボスの指令》も0枚というわけではないので、最低限使える枚数に抑えても問題ないと感じ、2−2という枚数での採用です。

ジャイアントボム

今回のリストではグッズに多くのポケモンのどうぐを採用しています。

中でも4枚採用の《ジャイアントボム》は大きな打点が飛び交う現環境ではとても使いやすく、相手をうまく牽制することができます。

また、《ムゲンダイナ VMAX》のようなHPが高く打点も高いデッキに対しては2枚貼りもとても有効で、これを通せば返しで倒すこともできるようになります。

ただし《ボスの指令》や「ダークシグナル」などで避けられてしまうと大きなリソース減となるため、プレイするタイミングが非常にシビアなカードでもあり、使い所の判断が難しいカードでもあります。

マオ&スイレン

前述のとおり、《ダストダスVMAX》は場に長く残って戦いたいポケモンなので《マオ&スイレン》を採用しています。

大きなおまもり》の採用によって120回復でも充分2回の攻撃を耐えられること、エネルギーのテンポを良くするカードを採用していないことが、《モミ》ではなく《マオ&スイレン》の採用にしている理由です。

■おわりに

今回は《ダストダスVMAX》のデッキ紹介となりました。

JCSも近くなり様々なデッキが開発されてくると思いますので、しっかりと対策を練って挑めるようにしましょう!

今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧