ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ニンフィアVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は強化拡張パック《イーブイヒーローズ》に収録されているカードから《ニンフィアVMAX》のデッキを紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキリスト

■デッキのコンセプト

今回のデッキでは《ニンフィアVMAX》のワザ「ダイハーモニー」の追加効果を生かすために様々なタイプのポケモンを採用しています。

基本的には2ターン目から《ニンフィアVMAX》の「ダイハーモニー」で攻めていくことを目標として動いていきますが、相手のデッキタイプによっては《バシャーモVMAX》や《れんげきウーラオスVMAX》はメインアタッカーとして強く出ることも出来るため、どのポケモンをどのタイミングでバトル場に送り出していくかが非常に難しいデッキです。

また、「ダイハーモニー」で削ったポケモンがベンチに逃げたとしても、「キョダイレンゲキ」や「クロスフィスト」のようなベンチポケモンにも大きなダメージを与えられるポケモンをしっかりスタンバイさせておくこともポイントとなります。

このとき、《ドータクン》を立てておくとオーロラエネルギーや鋼エネルギーを動かせるようになるため、追撃する技が使いやすくなるでしょう。

グッズには、《ニンフィアV》の特性「ドリームギフト」を活かして盤面に合わせて使い分けられるよう、1枚ずつ採用しているカードが4種類あります。

「ドリームギフト」は序盤に盤面を組み立てるカードをサーチするだけでなく、終盤のゲーム運びを有利にするためのカードをサーチをする使い方もできます。

また、《ポケモンいれかえ》と《あなぬけのひも》については、「クロスフィスト」で与えるダメージの違いや、「しっぷうづき」の追加効果をしっかりと使っていくことを意識してこのような枚数配分にしています。

サポート枠に採用した《モミ》は、《ドータクン》と組み合わせることでエネルギーのロスを少なく抑えてとても強く使うことができます。

手札からトラッシュに送れるカードが多くないデッキなので、《マオ&スイレン》よりこちらを優先して採用しています。

■おわりに

今回は《ニンフィアVMAX》のデッキ紹介となりました。

他にも採用してみたいポケモンが多く存在しているため自分だけのオリジナルポケモンで《ニンフィアVMAX》デッキを作ってみてください!

今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧