ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【レッドパーフェクション】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は新レギュレーションでのレッドパーフェクションについて書いていきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

■採用カード解説

ミュウツー&ミュウGX》を軸に相手のデッキによってアタッカーを好きに選べるデッキとなっていて、採用ポケモンが好みや環境によってて変わると思います。

今回はこのようなポケモン達を採用していきました。

レシラム&リザードンGX》・《ヒードランGX》1−1

レッドパーフェクションのメインアタッカーとなる2匹で、《ミュウツー&ミュウGX》からだけではなく、本体もよくバトルに参加するポケモン達になっています。

レシラム&リザードンGX》はどの技も優秀で、上ワザの「げきりん」は中打点で押してくるデッキに対してとても強く、1撃でカウンターを決める力を持っています。

下ワザの「フレアストライク」は230ダメージとほとんどのGX、Vポケモンを1撃で倒すことができる破壊力があり、VMAXポケモンに対しても2回の攻撃で倒すことができるラインまでダメージを与えることができます。

「ダブルブレイズGX」は追加効果で300ダメージまで出すことができますが、300ダメージを狙う場合は《リザードンGX》のGX技を使うことがほとんどのため、もう一つの効果である貫通効果を駆使して相手ポケモンを突破する際に使うことになるでしょう。

ヒードランGX》はエネルギーロストのない中打点を刻むことができるポケモンであり、また、盤面にエネルギーがプールしてあれば《ポケモンいれかえ》や《あなぬけのひも》から特性の「バーニングロード」を使って攻撃が可能になるため、非常に便利なポケモンとなっています。

この2枚は比較的本体運用が多いポケモンとなっています。どちらのポケモンも《ミュウツー&ミュウGX》からも技が使えるため1枚ずつの採用となっています。

ファイアローV》・《ブースターGX》1−1

ファイアローV》は先行の際に使えるワザ「ファストフライト」を持っており、基本的に毎ターン《溶接工》にアクセスしたいデッキの序盤を支えてくれるカードです。

逃げるコストも0と優秀で、ターンの選択肢を増やしてくれます。

ブースターGX》の上ワザ「ヒートステージ」は、後攻1ターン目に頑張っても《溶接工》にアクセスできなかった際の保険で、30ダメージを与えつつ炎エネルギーを3枚まで好きなようにつけることができる優秀なワザです。

保険と言いつつ下ワザの「ぐれんのほのお」は《ミュウツー&ミュウGX》が使うと《いちげきウーラオス VMAX》・《れんげきウーラオスVMAX》を弱点により1撃で倒すことができるワザなので、常に選択肢の1つとして頭に入れておきましょう。

フレアストライクとは違い3エネルギー(溶接工+手張り)で使うことができるという差別化がされています。

どちらのポケモン局所的にしか使わないため1枚ずつの採用となっています。

■おわりに

今回はレッドパーフェクションの紹介をしてきました。

新レギュレーションになってから様々なデッキタイプが出てきているため、環境に合わせて好きにカスタマイズしてみましょう!

今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧