ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【いちげきウーラオスVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は先日発売された《いちげきマスター》から《いちげきウーラオスVMAX》のデッキを紹介していきたいと思います。それでは早速紹介に移っていきましょう。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

■デッキのコンセプト

今回はシンプルに、“いかに速く《いちげきウーラオスVMAX》で攻撃していくことができるか”ということをコンセプトにしてリストを作りました。

まず、1ターン目に絶対に置きたいポケモンである《いちげきウーラオスV》、《デルビル》は4枚ずつ採用しています。

そして、試合中に最低でも2枚は使うことが予想される《いちげきウーラオスVMAX》は3枚採用、1ターンの間に重ねて特性を使える《ヘルガー》は最大枚数である4枚の採用としました。

このような枚数の配分で採用していくと、1回のゲームの中で使う枚数に対してどのポケモンも過剰に採用していることになります。

すると、手札で詰まって動きが鈍るという問題点が出てきますが、これを解決してくれるのが、こちらも新規収録カードの《あくの塔》です。

1ターンに1度、手札からいちげきポケモンをトラッシュすることによって山札からカードを2枚引くことができるという効果を持っており、この問題をとてもスムーズに解決してくれます。

サブアタッカーとしてはこれもまた同じいちげきポケモンである《イシヘンジン》を採用しています。

上ワザの「だいちのこどう」は場にスタジアムが出ている状態なら追加ダメージの効果を持ち、《いちげきエネルギー》と合わせることで80ダメージを出すことができる非常に優秀なポケモンです。

この80ダメージ+《いちげきウーラオスVMAX》の「キョダイイチゲキ」270ダメージでほぼ全てのポケモンを倒すことができるので、相手のサイドプランをずらしつつ、つなぎの役割をしっかりと果たしてくれることでしょう。

ドローサポートには変わらず《博士の研究》と《マリィ》を採用していて、新しく収録された《シバ》は不採用という形をとっています。

これは、VMAXポケモンの押し付けで戦うデッキではあまり多くのポケモンが倒されないため、追加効果を発揮できる場面がほとんど来ないという理由からです。

今回は採用しませんでしたが《クロバットV》を採用している形にする場合、《ネズ》であくタイプのポケモンをサーチすることができるので、《デルビル》を並べられるようになります。

また、他にも対象を採用することによって《レベルボール》で複数の《デルビル》を並べることを狙ったりするなど、序盤の安定性をあげる手段が存在します。

■おわりに

まだまだ発売したばかりでどのような形で使うのが良いかも決まっていませんので是非オリジナルの構築をいろいろ試してみてください!今回はこの辺で、それではまた!


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧