ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【カメックスVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は12月に発売された「スターターセットVMAX カメックス」から、《カメックスVMAX》をメインにしたデッキを紹介していこうと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : カメックスVMAX

メインアタッカーの《カメックス VMAX》のほかに、壁兼サブアタッカーとして《フリーザー》を採用する形をとっています。

序盤は《フリーザー》をバトル場に出してベンチポケモンを呼び出されないようにし、《モスノウ》の準備と《カメックスVMAX》の準備を行なっていきます。

中盤以降は育てた《カメックスVMAX》でアグレシッブにサイドを取っていきましょう。

次に簡単に採用カードの解説をしていきます。

■採用カード解説

ポケモン17枚

カメックスV》《カメックス VMAX》4−3

このデッキのメインアタッカー。

カメックスVMAX》の上ワザ「グランフォール」は、水エネルギー3枚で120ダメージを与えつつ、山札から水エネルギーを3枚まで選んでベンチポケモンに好きなようにつけることができ、《モスノウ》などの加速手段が場にいなくても後続を作ることができます。

下ワザの「キョダイボンバード」は水エネルギー4枚で220ダメージを与えつつ、相手ベンチポケモン2匹にも30ダメージ与えることができ、今回はこのワザをメインにして攻めていくようにデッキを作っています。

ベンチに与えるダメージは、しっかりとサイドプランを考えて選択するようにしましょう。

1ターンでも早くVMAXにして耐久力を上げておきたいため、4−3での採用となっています。

マナフィ》1枚

今回の《カメックスVMAX》デッキのスターターに収録されたポケモンです。

特性「うみのそうさく」はポケモンのサーチ手段が乏しい今の環境ではとてもありがたい効果で、バトルポケモンが気絶した際に場に出すことができるので1枚採用しています。

グッズ16枚

望遠スコープ》2枚

相手のベンチにいるV、GXポケモンに与えるダメージが+30され、「キョダイボンバード」ととても相性のいいカード。

ベンチにいるV、GXポケモンに対して60ダメージ与えることによって次のターンに《ボスの指令》+「キョダイボンバード」で一気にサイドを複数枚とるプランを実行することも可能です。

他に優先して採用したい相性のいいどうぐもないため、こちらを2枚採用しています。

サポート14枚

おなじみのサポート3種類に加えて、このデッキでは《ルリナ》《シロナ》《マオ&スイレン》を採用。

ルリナ》は余裕のあるターンにしか使えないので、ゲーム中に1度打てればという感覚で1枚の採用にとどめています。

マオ&スイレン》はゲーム中盤以降に1回《カメックスVMAX》のダメージを回復することが出来ると強力で、同様に1枚の採用です。

シロナ》は《博士の研究》、《マリィ》の先のドローサポートとして採用しています。

スタジアム2枚

スタジアムには《トキワの森》を採用。

相手が得るアドバンテージよりも《モスノウ》が立った後のこちらが得るアドバンテージの方が大きいため問題がないと判断しています。

ただし貼るタイミングには気をつけましょう。

■おわりに

今回は《カメックスVMAX》をメインにしたデッキを紹介させていただきましたが、今回紹介した形の他にも《ローズ》と組み合わせるなど、様々な構築が考えられます。

是非、色々な方法を試して自分の手にあった構築を見つけてみてください!

今回はこの辺で、それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧