ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【セキタンザンVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は先日開催されたチャンピオンズリーグ横浜で活躍していたデッキから、《セキタンザンVMAX》をメインにしたデッキについて解説していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキのコンセプト

サンプルレシピ : CL横浜2021 マスターリーグ 第3位 キムラ シュンヤ選手


– ポケモンカードゲーム 公式サイトより引用 –

まずは《セキタンザンVMAX》デッキがどのような動きを目指していくデッキなのかというところから解説していきます。

このデッキのアタッカーはほぼ《セキタンザンVMAX》のみと言ってよく、このポケモンを最大限強く使うための盤面作りが重要になります。

その盤面作りのために必要になってくるカードが《マグカルゴ》と《ヤレユータン》の2種類。

マグカルゴ》は特性「じならし」で山札から好きなカードを1枚自分の山札の1番上に乗せることができ、《ヤレユータン》は特性「さるぢえ」で手札のカード1枚と山札の1番上のカードを入れ替えることができます。

この2匹のポケモンの特性によりデッキの安定性が上がり、《セキタンザンVMAX》のワザ「ふんかだん」を確実に強く使うことができるようになります。

この盤面を完成させることができたら、後は《ストーン闘エネルギー》や《ムキムキパッド》で《セキタンザンVMAX》耐久力を上げ、《マオ&スイレン》で受けたダメージを回復しながら相手ポケモンを倒して行きます。

この動きが基本になるので、デッキをこれから使い始めるという方はこの盤面を作ることを目標にデッキを回していくことを意識しておきましょう。

■CL横浜で《セキタンザンVMAX》が多くのプレイヤーに選ばれた理由

次に今回のチャンピオンズリーグで《セキタンザンVMAX》デッキが多くのプレイヤーに選ばれた理由を考えて行きましょう。

やはり一番大きな理由として思いつくのは、環境に多くいるだろうと思われていた《ムゲンダイナVMAX》や《ピカチュウ&ゼクロムGX》に対して弱点をつくことができ、非常に有利に立ち回れるという点でしょう。

13回戦を戦い抜いてくことを考えた時に絶対に避けられないこれらのデッキに対して弱点をつけるというメリットは非常に大きく、多少出遅れたとしても相手のVMAXやTAGポケモンを1撃で倒してすぐに追いつくことができます。

また、同じく使用するプレイヤーが多いだろうと考えられていた《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》デッキに対しても、《ワンダーラビリンス◇》のようなカードで相手の攻めるテンポを落とすことや、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》デッキが得意とする「オルタージェネシス」後にサイドを3−3で取るプランにも対応可能な盤面を作ることができるという判断のもと、互角に戦えると考えたプレイヤーが多くいたのだと思われます。

実際に《セキタンザンVMAX》を使って二日目に進んだプレイヤーも多く、上位入賞を納めている方もいました。

そのためCL横浜環境でのデッキ選択という面では、1つの正解だったと言えるのではないでしょうか。

■おわりに

1つの大会に対して何が正解のデッキ選択だったかということはプレイヤーによって変わると思うので、《セキタンザンVMAX》が正解だった方がいればそうでないプレイヤーもいたかと思います。

大会後にどんなデッキ選択が正解だったかを答え合わせするのもチャンピオンズリーグの醍醐味のひとつでしょう。

今回の大会で、”デッキ選択がはまった!”という方はおめでとうございます!デッキ選択を間違えてしまった…という方はその経験を糧に、次の機会に挑んでいきましょう!

今回はこの辺で、それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧