ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ズガドーン】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は《ズガドーン》デッキについて紹介をしていきたいと思います!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

■デッキレシピ : ズガドーン

今回紹介するレシピがこちらです。

ジラーチ》の「ねがいぼし」で必要なカードを集めて《ズガドーン》で相手のGX、VMAXポケモンを1撃で倒してサイドレースを有利に進めていくというデッキです。

ゲーム中盤までに無理やりにでも相手のHPの高いポケモンを倒すことができれば、《ウッウV》で《デデンネGX》を倒すことや《ズガドーンGX》の「バーストGX」を使ってサイドを取ることができるため、先行逃げ切りを目指したゲームプランが立てやすいデッキとなっています。

■採用カード解説

ポケモン13枚

ズガドーン》3枚

このデッキのメインアタッカー。

手札の炎エネルギーを好きなだけトラッシュしてその枚数×50ダメージを相手ポケモンに与えることができる「ひのたまサーカス」が非常に強力です。

TAGポケモンやVMAXポケモンを1撃で倒すことによってサイドレースを有利に進めていくことができ、相手にアタッカーを作るためにターンを使わせることでゲームのテンポを奪うこともできます。

上ワザの「ブレイザー」は今の環境ではあまり使うことがなく、「ひのたまサーカス」を打つためのパーツが足りない時には《ジラーチ》を複数回使い回して次のターンに備えましょう。

相手が大きいポケモンのときには、こちらが取られるサイドは1枚なのに対して相手が取られるサイドは3枚となるため、焦らずどっしりと構えてれば大丈夫です。

今の環境スピードで4枚使う試合はほとんどないため3枚の採用となっています。

オドリドリGX》1枚

必要パーツを集めるためのカード。

このデッキではターン終了時にバトル場にいるポケモンが《ズガドーン》や《ジラーチ》といったサイドを1枚しか取られないポケモンであるため、他のデッキよりもうまく扱うことができます。

必要なカードを探さないといけないのは《ズガドーン》が倒された時であるため、《ボスの指令》から倒されたとしても問題なく、比較的ベンチに置きやすいポケモンでもあります。

1ターンに1回の特性であるため1枚の採用としています。

グッズ24枚

ビーストブリンガー》1枚

主に《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》+《ザシアンV》デッキを見ての採用。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が「オルタージェネシスGX」を宣言してきた返しに《ビーストブリンガー》をつけた《ズガドーン》で《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を倒すとサイドを4枚取ることができるため、かなり有利に試合を運ぶことができます。

試合中に起動する回数は1回だけなので1枚採用になっていますが、これだけでは必要になる序盤に触れるかはわからないので、《ぼうけんのカバン》を採用することでアクセスできる可能性をあげています。

サポート6枚

溶接工》 / 《ボスの指令

サポートは《溶接工》4枚と《ボスの指令》2枚のみの採用となっています。

アタッカーである《ズガドーン》は基本的には1撃で倒されてしまうという前提のもと、毎ターン《溶接工》を使うことを要求されるためこのような採用となっています。

ボスの指令》は後攻1ターン目に使った《溶接工》の貯金から使うターンが作れるので採用しています。

スムーズに《溶接工》が使えなかった場合は《グレートキャッチャー》や《ウッウGX》をうまく使って効率よくサイドを取っていきましょう。

■おわりに

今回は《ズガドーン》デッキについて紹介していきました。

今回紹介したレシピには採用していませんが《レシラム&リザードンGX》や《バイウールーV》のような大型ポケモンを採用してFTB(ファイヤーツールボックス)という感覚で使う形も存在するため、自分の手に合う形を探して見てください!

今回はこの辺で、それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧