ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》+《ザマゼンタV》】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は先日行われたPJNOの上位デッキから、気になったデッキを1つ紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ

nanaki選手 《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》+《ザマゼンタ》

今回紹介するのはこちらの《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》+《ザマゼンタ》デッキです。

多くのザシアン系統のデッキが使用されていた中で、唯一DAY2に残ったのが《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》や《ジラーチ◇》との組み合わせではなく、この《ルカリオ&メルメタルGX》との組み合わせでした。

それでは早速、どのような構築になっているかを見ていきましょう。

■採用カード考察 : ポケモン

メインアタッカーとなる《ルカリオ&メルメタルGX》、《ザシアンV》、《ザマゼンタV》はそれぞれ2枚ずつの採用となっています。

基本的には「フルメタルウォールGX」から入ってVMAXポケモン相手には《ザマゼンタV》を押し付け、それ以外のデッキには《ザシアンV》をメインに戦っていく形を想定しての採用枚数だと思います。

サポートなるポケモンは《ジラーチ》3枚のほかには、《ヤレユータン》、《ミュウツー》が1枚ずつ採用されています。

「ねがいぼし」を軸に必要なカードを集めていき、《ミュウツー》+《ヤレユータン》でサポート選択をしていく形です。

回収ネット》の採用枚数が2枚と抑えられているため、しっかりと適切な場面選択できる力が求められていますね。

そして目をみはるのが《アイアント》を採用している点。

今までのこのタイプのデッキには採用されることのなかったカードで、無色エネルギー2枚で相手の山札を2枚トラッシュに送ることができます。

これは、このデッキタイプがかなり苦手としているLOデッキに対してのひとつのゲームプランとしてかなり有効な手段となります。

実際に決勝トーナメントには多くのLOデッキが残っていたため、《アイアント》の採用は正解であったと言えるでしょう。

■採用カード解説 : グッズ

こちらのデッキも優勝、準優勝の構築と同じように《タッグコール》からサポートにつながるようになっているところが特徴的ですね。

「ねがいぼし」から直接サポートにヒットしなくても《タッグコール》がヒットすれば、そこからから2ターン分の展開が保証されるので、とても強力なカードです。

これもまた優勝、準優勝の構築と同様に《タッグコール》からサーチできるサポートに《グズマ&ハラ》が採用されています。

そのため、どうぐのサーチを好きなタイミングで行うことができるので、どうぐの採用種類を多くするデッキはぜひ参考にしていきたい点ですね。

他のグッズはシンプルにまとめられています。

デッキの核となる《クイックボール》、《ポケモンいれかえ》、《メタルソーサー》は4枚。タイミングをしっかり見極めて使う《リセットスタンプ》、《ツールスクラッパー》は1枚採用となっており、一目で見て採用意図が非常にわかりやすい構築だなと感じました。

■採用カード解説 : サポート

サポートで注目すべきは《ジュジュベ&ハチクマン》の採用で、LOデッキに対して《アイアント》と合わせて逆にLOを狙ったり、《ムゲンダイナVMAX》に対してベンチポケモンをトラッシュさせることで、打点を制限することができます。

特に《ムゲンダイナVMAX》が多いと予想されている環境で、実際に数が多かったので、しっかりとメタに刺さる1枚となったことでしょう。

■おわりに

今回はPJNO上位デッキから《ルカリオ&メルメタルGX》+《ザシアンV》のデッキを紹介しました。

新しいパックが発売され、新たなデッキが出てきても、このように構築を変えて環境の最前線で戦うことができます。少し環境から外れてきているデッキも、チューニングすることによってしっかりと戦うことができるようになると思います。

また、デッキのメインポケモンが違ってもグッズやサポートの採用の仕方、考え方の根底は応用できることが多いので、色々なデッキレシピを見て参考にしていきましょう!

今回はこの辺でそれではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧