ポケモン │ デッキ解説 │ アリス【クワガノンV】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は先日行われたPJNOで優勝した《クワガノンV》デッキについて解説して行きたいと思います!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■PJNO優勝 クワガノンV

ジラーチ》の特性「ねがいぼし」でカードを集めて行き、《クワガノンV》のワザ「パラライズボルト」で相手のグッズの使用を制限、頃合いを見て「ちょうでんじほう」で一気に攻めに転じるなど、状況をしっかりと見極めてワザを選択していくデッキです。

サブアタッカーには《ライチュウ&アローラライチュウGX》が採用されており、《カプ・コケコ◇》や《カウンターゲイン》、《サンダーマウンテン◇》などを合わせて使うことにより開始早々にいきなり攻撃することができます。

PJNOではデッキ公開制での進行ということもあり、常に相手に《ライチュウ&アローラライチュウGX》をケアさせながら戦わせるということは非常に強力だったのではないかなと思います。

ドローアクションを行えるポケモンの採用について

次にドローアクションを行えるポケモンとして《デデンネGX》と《オドリドリGX》が採用されていて、新しく出てきた《クロバットV》が採用されていないという点も一つ注目すべき点といえるでしょう。

これはおそらく《デデンネGX》は手札を捨てて6枚引くことができる点を、《オドリドリGX》は手札を抱えながら条件を満たせば3枚カードをひける点をそれぞれ重視しての採用としているのではないかと推測します。

クロバットV》で多くドローできるときはほとんどの場合《デデンネGX》を使った方がよく、手札を抱えながらカードを引くときは《オドリドリGX》の方が多く引ける場面の方が多いため《クロバットV》が不採用になっているのでしょう。

また《オドリドリGX》なら2回、多い時には3回ドローアクションを行えますが、《クロバットV》は1回限りなのも理由の1つかなと感じました。

グッズ

グッズの方を見てみると《タッグコール》が3枚採用されています。

これはサポートの枠に《グズマ&ハラ》を3枚、《シロナ&カトレア》を1枚採用していて、《ライチュウ&アローラライチュウGX》もサーチできるため厚めの採用になっているのだと思います。

ポケモンのどうぐも《グズマ&ハラ》からサーチすることができるため、《ジャイアントボム》2枚、《エスケープボード》2枚、《タフネスマント》1枚、《カウンターゲイン》1枚の4種6枚が採用されていて、他のデッキよりも多く採用されていることがわかります。

もう1つ注目するところとして《リセットスタンプ》の2枚採用があります。

最近のデッキでは0〜1枚の採用ということが多かったですが、《クワガノンV》をメインとしたデッキは相手にロックを押し付けながらじりじりと攻撃していくため、《リセットスタンプ》を強く使えるターンが多く存在します。

また、終盤に《リセットスタンプ》+「タンデムショック」でまくりにいくこともでき、他のデッキと比べてとても強く使うことができるカードとなっていることがわかります。

サポートに関しては多くのデッキで4枚採用されている《博士の研究》の採用がないところが目立つところですね。

これは”手札を抱えながら戦っていくデッキが手札をトラッシュする行為がとても弱い”ためだと思います。

オドリドリGX》の採用や《グズマ&ハラ》から《スピード雷エネルギー》をサーチしてドローをし、手札を抱えるアクションなどデッキ60枚全てを使って戦うという強い思惑が見られるサポート構成となっているように感じました。

同デッキをシェアしてPJNOに参加した凱選手のレポート記事もラッシュメディアに掲載されていますので、ぜひそちらも併せてご覧ください

■おわりに

遂に2021シーズン最初の大会が発表されましたね!今回の大型大会で1つのメタが形成されてさらにいろいろな構築が考えられていくと思います。新パックの発売もまだありますが、大会にむけてしっかりと考えていきましょう!

今回はこの辺で!それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧