ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ムゲンダイナVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は6月5日に発売された拡張パック「ムゲンゾーン」に収録されている《ムゲンダイナVMAX》をメインとしたデッキを紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : 《ムゲンダイナVMAX

■デッキ解説

基本的にはどのマッチングも《ムゲンダイナVMAX》の高い攻撃力で押し切ることになります。

TAG TEAM GXポケモンやVMAXポケモンのような高いHPを誇るポケモンに対しては《ガラルジグザグマ》+《回収ネット》+《げんきのハチマキ》のコンボで足りない打点を補って倒しに行くことを目標にしましょう。

途中どうしても打点が足りなかった時や、最後に1匹倒せば勝ちという時には、《ガラルジグザグマ》+《ガラルタチフサグマ》+《イベルタルGX》でサイドを強引にとって行くか、《フーパ》を挟んでダメージ調整をして2回の攻撃で倒すことを狙っていきます。

■採用カードについて

次に採用カードを簡単に紹介していきます。

ポケモン19枚

ムゲンダイナVMAX》4−3

 

このデッキのメインアタッカー。

ムゲンダイナVMAX》の特性と、1ターン目に必ずエネルギーを貼りたい(テンポロスをしたくないため)ことを考慮して《ムゲンダイナV》は4枚採用。

必ず2ターン目から攻撃していきたいので《ムゲンダイナVMAX》も4枚採用したいところですが、1ターン目にかさばると《クロバットV》でのドローできる枚数が減ってしまいます。

そこで、代わりにサーチできる手段を厚く積むことで2ターン目に進化できず、攻撃できないことを避けられると考え、3枚の採用となっています。

どのデッキに対しても2ターン目から「ドレッドエンド」で攻撃して行く意識を持ってプレイしていきましょう。

クロバットV》4枚

このデッキのエンジンとなるカード。

1ターンに1回しか使えないとはいえ、XYシリーズの頃の《シェイミEX》を思い出させるようなテキストですが、”手札が6枚になるようにカードを引く”、誰が見ても強い!4枚採用!という判断ではありません。

ゲームの流れとして2〜4の毎ターン、しっかりとサイドをとって行くことがこのデッキの狙いとなりますが、各ターンに必要となるカードを手札に揃える/集めるためには、《クロバットV》の採用を3枚以下にしてしまうとサイドに落ちていた時や、スタートしてしまった時などに、必要なカードを引きに行けずテンポロスをしてしまう可能性が出てきます。

そのため最大値である4枚の採用としました。

グッズ22枚

クイックボール》《スーパーボール》《ポケモン通信》4−4−2枚

 

このデッキのポケモンサーチ手段です。通常のデッキよりかなり多く積んでいます。

このデッキは普通のデッキと違い、ドローサポートの採用が《博士の研究》のみであるため、《クロバットV》によるドローアクションに頼ることが多くなります。そのため、ポケモンサーチ手段を厚く採用しないと止まってしまう可能性が高く、このような枚数となっています。

しんかのおこう》を採用していないため、《スーパーボール》と《ポケモン通信》のサーチ対象にはできる限り《ムゲンダイナVMAX》を優先したほうがスムーズに攻撃できるようになります。

ふつうのつりざお》1枚

このデッキの唯一の保険カード。序盤の《博士の研究》で止むを得ずポケモンを切ってしまった際にそれをリカバリーするために1枚採用。

最大打点を出し続けなければ《ムゲンダイナVMAX》の強みを生かすことはできません!

サポート7枚

博士の研究》《ボスの指令》4-3枚

ゲーム終了ターンを4〜5ターン目に設定しているため、イメージとしては《博士の研究》2回、《ボスの指令》2回を使う感じです。

特に3〜5ターン目は《ボスの指令》を使いサイドをとって行くことをしっかりと意識してプレイしていきましょう!

スタジアム2枚

トキワの森》2枚

1ターン目に確実にエネルギーを張るために《トキワの森》を採用。

クロバットV》でドローをする際に詰まるカードをトラッシュすることで1枚多くドローすることもでき、相手が得るアドバンテージよりも自分が得るアドバンテージの方が大きいと思います。

■おわりに

今回は《ムゲンダイナVMAX》のレシピを紹介しました。

少しずつですがポケモンカードができる環境ができてきました。公式大会が行われる日までしっかり準備していきましょう!

それでは今回はこの辺で、また次回の記事で!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧