ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ドラパルトVMAX】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は今月発売された「反逆クラッシュ」に収録されている《ドラパルトVMAX》のデッキ紹介をしていきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : ドラパルトVMAX

まずは私が組んだ《ドラパルトVMAX》のデッキレシピの紹介から。

ドラパルトVMAX》は好きなところにダメージカウンターをバラまけることが強みとなっているカードなので、そこを最大限生かせるような構築を目指してデッキを構成していきました。

その結果出来上がった構築がこちらとなります!

■デッキの回し方

基本プランはおそらくどのような形で組んでも、2ターン目から《ドラパルトVMAX》の「ダイファントム」で相手の盤面にダメージカウンターをばらまいていくスタイルになるでしょう。

この構築では、《ガラルジグザグマ》の「かんしゃくヘッド」+《回収ネット》のコンボでダメージ調整をして行うか、または《マタドガス》の「ぶっとびボム」+《ホミカ》でダメージカウンターをばらまいて調整することで「ダイファントム」の強みをさらに引き出せるような形にしています。

 

このデッキでは他のアタッカーが採用されていないため、通せるメインプランがこれしかありません。

そのぶん2ターン目から「ダイファントム」で攻撃していくという基本のアクションを、しっかり外さずに行うことができるような構築としました。

さらにポケモンのどうぐに《のろいのおふだ》を3枚採用しています。

環境には《博士の研究》や《デデンネGX》の「デデチェンジ」などではやい段階から縦に山札を掘り進めていくデッキが多いので、《ツールスクラッパー》で綺麗に《のろいのおふだ》が剥がされてしまうことが少なく、ここでもダメージカウンターをばらまくことが期待できます。

ガラルジグザグマ》+《回収ネット》、《マタドガス》+《ホミカ》、《のろいのおふだ》に加えて今回新しく収録された《ホラー超エネルギー》と、ダメージカウンターをばらまく手段が豊富に採用されている形となっています。

■その他のアプローチ

今回は私なりに考えた《ドラパルトVMAX》のアプローチのひとつとして、このような形もありなのでは?とここまで紹介をさせていただきました。

しかし、《ドラパルトVMAX》デッキには他にも様々なアプローチの仕方が存在します。別の形のアプローチについても簡単に紹介していこうと思います。

回収ネット》+α採用型

 

今回新しく収録された《回収ネット》を《ジラーチ◇》や《バリヤード》と上手く組み合わせてサイドを一気に複数枚取っていく形

《ゲンガー》採用型

「ソードシールド」に収録された《ゲンガー》を採用して《ドラパルトVMAX》が受けたダメージを他のポケモンに流し、《回収ネット》でダメージカウンターを場から消しながら《ドラパルトVMAX》を長持ちさせて戦う形

《ブルーの探索》採用型

ブルーの探索》で好きなカードを持ってきて場を展開していく形

《カラマネロ》採用型

カラマネロ》のサイコリチャージを生かして《ドラパルトVMAX》の他にも《ギラティナ》や《ズガドーン》などのサブアタッカーを採用している形

■まとめ

ドラパルトVMAX》をメインとしたデッキは、”いかに効率よくダメージカウンターをばらまいてサイドを取りきれるか”という点が最も重要になってくると思います。

そのためにはどのようなアプローチの仕方が最良なのか、環境に対してマッチしている形なのか等を検討し続けることが大事になってきます。

サブアタッカーを採用するのかしないのか、メインプランをとにかく通すことにデッキスペースを割くのか、そもそもプランがどうあるべきなのか、イチからデッキを組みながら、このようなことを考えるのもポケモンカードの楽しさの醍醐味でしょう。

ぜひ自分が納得できるアプローチの仕方で《ドラパルトVMAX》デッキを組んでみてください!

今回はこの辺で、それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧