ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ストリンダーVMAX】

こんにちはアリス(@pokemon_courage)です。

今回は「反逆クラッシュに収録されているカードから《ストリンダーVMAX》のデッキを紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : 《ストリンダーVMAX》

■デッキ解説

後攻1ターン目、先攻2ターン目は《エネルギースピナー》や《トキワの森》で抱えたエネルギーを《博士の研究》や《デデンネGX》でトラッシュに送り、《ゼラオラGX》の「フルボルテージGX」で、ベンチに置いた《ストリンダーV》にエネルギーを加速させます。

先攻3ターン目、後攻2ターン目からはしっかりと《ストリンダー VMAX》にキョダイマックスして殴りに行くことをプランとしてゲームを進めます。

ボスの指令》の収録によって、サイドプランがより組みやすくなっているので、キョダイマックスの高いHPと攻撃力をしっかり活かしていきましょう。

■採用カード解説

《ストリンダーV》《ストリンダーV MAX》4-3

このデッキのメインアタッカー。《ストリンダーV》は後攻1ターン目、先攻2ターン目の「フルボルテージGX」を使う際に、ベンチに2体置いて加速させたいので最大枚数の4枚採用しています。

ストリンダー VMAX》は試合中に最低でも2枚は使うことになるので、3枚採用。《ストリンダーV》とは違い必要になるターンが少し遅く、《しんかのおこう》も採用しているためこの枚数としました。

《ゼラオラGX》2枚

 

このデッキのメインサポートカードと呼んでもいいぐらいには重要なカードです。基本的には「フルボルテージGX」を使わないと、ゲーム終了までの《ストリンダーV MAX》のエネルギーが足りなくなってしまいます。ゲーム中に1枚は絶対使うことになるので、2枚の採用となりました。

サイド落ちすることなく山札に2枚あれば、1度攻撃を受けた手負いの《ストリンダーVMAX》を「じんらいゾーン」でベンチに下げて新しい《ストリンダーVMAX》で攻撃しに行くことができ、手負いの《ストリンダー VMAX》を相手が倒すために《ボスの指令》を要求することができます。

そのため、このデッキの中でも役割を非常に多く持っているカードとなっています。

《ヤブクロン》《ダストダス》2−2

 

ストリンダー VMAX》の打点を支えるカード。《ヤブクロン》は「フルボルテージGX」を打つときにベンチに置いておきたいため、本来なら3枚採用したいところでしたが、他に削れる枠がないために泣く泣く2枚の採用となってます。

ダストダス》は後攻2ターン目、先攻3ターン目から《ストリンダーVMAX》が最大打点で殴るために必要となります。《しんかのおこう》でサーチできる点を考慮して2枚の採用となりました。

基本的にはベンチに1体しか立っていなくても、相手に《ダストダス》を倒しに来る余裕はないので問題無いです。

《エネルギースピナー》2枚

後攻1ターン目に使える基本エネルギーを3枚手札に加えることができ、「フルボルテージGX」で5枚加速する可能性が格段に上がります。

本来なら4枚採用と行きたいところでしたが、枠の確保ができなかったことと、《デンジ》からサーチすることができるということの2点から、2枚の採用にとどめています。

《基本雷エネルギー》、《スピード雷エネルギー》9−3

基本雷エネルギー》は《エネルギースピナー》や《トキワの森》、《カプコケコ◇》といったサーチや、加速の際に必要な枚数に対して少し余裕を持って9枚の採用。

スピード雷エネルギー》は積極的に手張りして2枚カードを引いて行きたいところです。4枚採用したいところですが、トラッシュに送っての「フルボルテージGX」では加速することができなく、基本雷エネルギーを優先して採用したかったため3枚の採用にしています。

■おわりに

今回は《ストリンダー VMAX》のデッキ紹介でした。他にも新弾には面白いカードが多く収録されているので、ぜひ色々と試して組んでみてください!

それでは今回はこの辺で!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧