ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【《ピカチュウ&ゼクロムGX》】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回は新レギュレーションでも猛威を奮っている《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキを紹介していきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキ解説 《ピカチュウ&ゼクロムGX

まずレシピはこちら!
カードのタイプごとにそれぞれ解説をしていきます!↓

ポケモン…13枚

まず、最初に技を使いたい《ピカチュウ&ゼクロムGX》と基礎打点で最大打点を持っている《カプ・コケコV》はデッキにいてくれないと困るので2枚ずつの採用。

デデンネGX》は試合中に最低でも2回は「デデチェンジ」をすることがほとんどのため、サイド落ちやスタート時にできるだけほしいことを考えて3枚の採用にしています。

次に、置物ポケモンに何を選ぶかですが、今回は《マーシャドー》と《ヤレユータン》を採用しています。

マーシャドー》は、デッキの性質として《無人発電所》を貼られてしまうと機能停止になりやすいという弱点を、スタジアムを破壊することでカバーしてくれます。

ヤレユータン》は《博士の研究》や《デデンネGX》で縦にどんどん掘り進んでいくデッキのため、《カスタムキャッチャー》や《エレキパワー》といった”試合の中で大事なカード”を残すための役割としての採用です。。

この2枚によって序盤に《無人発電所》で止まらず、終盤でもしっかりリソースを保って戦うことができるデッキになっています。


ライチュウ&アローラライチュウGX》。TAG TEAM GXを1撃で倒したい時や、こちらが劣勢の時に《リセットスタンプ》+「タンデムショック」で相手のバトルポケモンを固めて巻き返すなど、色々な用途で活躍してくれるサブアタッカーとして1枚採用しています。


シビルドン》はVS《ガラルタチフサグマ》戦で詰むことがないようにするための採用となっています。

トレーナーズ…35枚

このデッキでは基本的には先行2ターン目、後攻1ターン目に「フルドライブ」を使うことを目的としてプレイするため、その過程でほぼ必須になる《エネルギーつけかえ》は4枚採用しています。さらに、4枚でも足りないと感じるほどなので、5枚目の《エネルギーつけかえ》として《タッグスイッチ》を1枚採用しています。

どちらも《デデンネGX》に触れるカードということで最大値である4枚ずつの採用となっています。《カプ・コケコV》と《カプ・コケコ◇》は《クイックボール》でしか持ってくることができないため、クイックボール》でサーチをする際には持ってくる対象はしっかりと考えて持って来ましょう。


このデッキは先殴りをしていくデッキのためそもそも0枚でもいいのですが、《ライチュウ&アローラライチュウGX》の項で説明したように、劣勢に立たされた時「タンデムショック」と合わせて使うことで捲れる可能性を選択肢として残しておきたかったので1枚採用しています。

博士の研究》4枚、《デンジ》4枚
サポートは2種8枚で、今回のデッキに《マリィ》は採用していません。

SMの頃は、先行1ターン目に相手の手札を4枚にして相手の初ターンの動きを鈍らせることができていましたが、今のレギュレーションの先行ではそれができないため、相手の動きを鈍らせるのではなく自分が最大限動いて相手にハードルを押し付けるアクションを優先しています。

サンダーマウンテン◇》はこのデッキを組む上で必ず入ってくるので、説明は割愛とします。

フラダリラボ》は《鋼鉄のフライパン》や《大きなおまもり》などのダメージカットや、HPの最大値をあげる道具の効果を消してくれます。これによって、相手のポケモンを倒す時に必要となる《エレキパワー》の数が減り、温存することができるようになるため1枚採用しています。
自分からタイミングを考えて貼れる1枚なのでしっかり考えて使用しましょう

雷エネルギー…12枚

3体のアタッカーを作るのに最低でも9枚必要です。最低枚数に加えて、初ターンの動きをするために+3枚必要になると考え、12枚に調整しています。

■おわりに

以上、新環境でも猛威を振るう《ピカチュウ&ゼクロムGX》デッキの紹介でした。この記事をひとつの参考に、実際にデッキを触っていただけたら幸いです。

今回はこの辺で!それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧