ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ゾロアークコントロール】

こんにちは、アリス(@pokemon_courage)です。

今回はシティリーグシーズン1で、前日まで使うか悩んでいたゾロアークコントロールの紹介をしていきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : ゾロアークコントロール

■デッキ解説

基本的なゲームプランとしては試合途中に相手の手札を0にして《カウンターキャッチャー》から相手のポケモンを縛り、《ザクザクピッケル》で相手山札のトップを固定しながら山札切れを狙うデッキです。

ゾロアークコントロールと似たようなコンセプトのデッキとして【エンニュート LO】というデッキがあります。

最終的なコンセプトとして目指すところは同じ2つのデッキですが、どちらのデッキにも使う上でのメリット・デメリットがあるので、今回はお互いを比較してそれぞれの強い点と弱い点を見てみましょう。

ゾロアークコントロール

 

強い点
・他のLOデッキと違い殴り性能がある。これにより複数体のアタッカーを要求することができるため、エネルギーを分散させることができる
・《カプ・テテフGX》をすんなりと採用できるため、デッキパワーを下げることなく1ターン目の安定度を得られる
弱い点
・《無人発電所》のケアを少しでもサボるとシステム自体が崩壊してしまう。盤面に《マーシャドー》を置いておくことや、《フィールドブロアー》をキープしておくことなどで少し緩和されるが、常にその意識をもつことが必要となる。
・GXポケモンがメインになるため《メガミミロップ&プリンGX》のケアが難しい。

エンニュート LO

強い点
・サイドをとられても1枚のため、準備ターンに余裕ができる
ドローのシステムが特定のカードのよって止められない。これは山を掘って行くスピードに関わるためとても大事なことです。
弱い点
・《エンニュート》のサーチ手段が《アローラロコン》の「みちしるべ」だけであるため、サーチした返しにハンド干渉をされてそのままエンニュートが引けないとズルズル負けてしまう。
・「オルタージェネシスGX」を追加効果ありで使われた時に非GXである強みが薄れてしまう。

このようにそれぞれはっきりとメリット・デメリットの分かれるデッキとなっています。

今回私はゾロアークコントロールを使用候補として挙げて悩んでいましたが、エンニュートLOも面白いデッキなので興味を持った方は是非調べてみていただければと思います。

■おわりに

今回は似たようなコンセプトを持ったデッキと比較してデッキの紹介をさせてもらいました!

それではまた!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧