MTG │ 攻略記事 │ 高橋優太【レガシーメタゲーム解説】

Hi,
今週末12/22にはレガシーの大会、エターナルパーティが開催されます。
僕も久しぶりに参加する予定です。

・エターナルパーティ2019(外部リンク)
https://mtg.bigweb.co.jp/etp-mmmf2019

今回はレガシーのメタゲームを追っていきましょう。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-mtg.jp/)

 

最近のレガシー

直近のレガシーグランプリでの優勝はバント奇跡。バントの流行はレガシーにも来ています。

GPボローニャ2019(レガシー):優勝はオーコミラクル、トップ8にはドレッジやスゥルタイデルバーなど

毎週紹介していますが、レガシーでもこの3つのセットは一級品。《不毛の大地/Wasteland》をケアして基本地形を並べつつ、4色のマナベースを支える《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》。
青の打ち消し呪文、黒の手札破壊と除去。それらに対抗できる《夏の帳/Veil of Summer》がメインから採用されています。

オーコが《虚空の杯/Chalice of the Void》等の厄介なアーティファクトを大鹿に変えて、《意志の力/Force of Will》や《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》を《夏の帳/Veil of Summer》で弾く。そして《終末/Terminus》奇跡で全体除去。バント奇跡は弱点が少なく、非常にバランスの良いデッキです。

レガシーはANTやスニークショー等のコンボデッキも一定数いるため、コンボに弱い《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl》はモダンと比較して枚数が抑えられています。

フェッチランドから《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》をサーチして墓地の《終末/Terminus》をトップに置けば、意図的に奇跡を起こすことも可能。「デス&タックス」は《レンと六番/Wrenn and Six》禁止により復権したように思えましたが、バント奇跡に1マナで全体除去を連発されるため最近は勝てていません。

■本命:バント奇跡(4色メンター)

3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage
1《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl
3《僧院の導師/Monastery Mentor

4《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe
4《思案/Ponder
4《渦まく知識/Brainstorm
1《呪文貫き/Spell Pierce
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares
2《夏の帳/Veil of Summer
2《紅蓮破/Pyroblast
1《否定の力/Force of Negation
4《意志の力/Force of Will
1《至高の評決/Supreme Verdict

3《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns
2《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor

4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand
4《霧深い雨林/Misty Rainforest
1《沸騰する小湖/Scalding Tarn
1《Savannah
1《Tropical Island
1《Tundra
1《Volcanic Island
5《冠雪の島/Snow-Covered Island
1《冠雪の平地/Snow-Covered Plains
1《冠雪の森/Snow-Covered Forest

サイドボード
4《安らかなる眠り/Rest in Peace
1《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar
1《宮殿の看守/Palace Jailer
1《終末/Terminus
2《外科的摘出/Surgical Extraction
2《紅蓮破/Pyroblast
1《血染めの月/Blood Moon
1《夏の帳/Veil of Summer
1《至高の評決/Supreme Verdict
1《摩耗+損耗/Wear+Tear


先週末のStarcityGamesで優勝したのが、バント奇跡の派生である4色メンター。ミラーマッチで弱い《終末/Terminus》を減らし、よりバントの同型対決を意識した形です。

ミラーマッチはお互いが《夏の帳/Veil of Summer》《紅蓮破/Pyroblast》を構え合うゲームになるため、青くないパーマネントは重要。
多くの場合《意志の力/Force of Will》以外ではスムーズな交換が出来ないため、ミラーマッチで最も活躍するカードです。トークンが2体以上出せるように5マナ以降でプレイする事を意識しましょう。

それと《夏の帳/Veil of Summer》《紅蓮破/Pyroblast》に関するプレイングに関して。
例えば相手が《冠雪の森/Snow-Covered Forest》のある状態で《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》をプレイしてきて、自分の手札に《紅蓮破/Pyroblast》があるとします。

相手の《夏の帳/Veil of Summer》をケアするなら、《紅蓮破/Pyroblast》を「青の呪文を打ち消す」ではなく「青のパーマネントを破壊する」モードで撃つことで、《夏の帳/Veil of Summer》の影響を受けずに破壊できます。

夏の帳/Veil of Summer》は「呪文は打ち消されず、青と黒からの呪禁」なので《紅蓮破/Pyroblast》による破壊を防ぐことが出来ません。良くあるシチュエーションなので覚えておきましょう。

サイドボードで目を引くのが墓地対策の枚数。

通常2枚程度の《安らかなる眠り/Rest in Peace》が4枚フル投入!それだけ墓地デッキにメインが不利だという証で、後述するホガークを強く意識しているのが伺えます。ホガークは本当に強いデッキなので、中速デッキを使うなら4枚以上は墓地対策を取りたい所です。

■対抗:ホガーク

4《面晶体のカニ/Hedron Crab
4《縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier
4《墓所這い/Gravecrawler
4《恐血鬼/Bloodghast
4《復讐蔦/Vengevine
4《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis

4《入念な研究/Careful Study
3《陰謀団式療法/Cabal Therapy
3《むかしむかし/Once Upon a Time
4《狂気の祭壇/Altar of Dementia
4《黄泉からの橋/Bridge from Below

4《霧深い雨林/Misty Rainforest
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
1《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
1《湿地の干潟/Marsh Flats
1《汚染された三角州/Polluted Delta
1《ドライアドの東屋/Dryad Arbor
3《Underground Sea
2《Bayou
1《沼/Swamp

サイドボード
4《虚空の力線/Leyline of the Void
2《思考囲い/Thoughtseize
2《恭しき沈黙/Reverent Silence
3《活性の力/Force of Vigor
2《突然の衰微/Abrupt Decay
2《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy


青いデッキがお互いを対策し合って《夏の帳/Veil of Summer》《紅蓮破/Pyroblast》を入れるようなら、それらを無視できる墓地コンボデッキの出番です。

モダンで禁止された《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis》も、レガシーではフルパワー。特に青の中速デッキにはメインで高い勝率を誇ります。バント奇跡にもメイン戦はかなり有利。ほとんどのクリーチャーが除去耐性を持つため、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》《終末/Terminus》以外の除去は効果が薄いです。

狂気の祭壇/Altar of Dementia》はコンボスピードを上げて、ホガークを生贄にすることで最速3ターン目には相手のライブラリーを空にします。レガシーのコンボデッキの平均キルターンは3ターン目なので、それに追いつくためにも必要なスロット。追放除去に対応して生贄も可能です。


3ターン目までの初動が重要なデッキなので、土地とコンボパーツの《面晶体のカニ/Hedron Crab》《縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier》を探せる《むかしむかし/Once Upon a Time》は4枚にしたい気持ちがあります。生贄シナジーが少ないので、《黄泉からの橋/Bridge from Below》は減らしても良いかも。


0マナで撃てる全体エンチャント破壊。相手の《虚空の力線/Leyline of the Void》や《安らかなる眠り/Rest in Peace》を複数見るようならサイドインします。

このデッキを10ゲームほど回したのですが、1マナのクリーチャーが少ないため《復讐蔦/Vengevine》の誘発が難しく、継続した生贄が《狂気の祭壇/Altar of Dementia》しかないため《黄泉からの橋/Bridge from Below》が使いにくい印象を受けました。《面晶体のカニ/Hedron Crab》《入念な研究/Careful Study》を抜いて、《信仰無き物あさり/Faithless Looting》《屍肉喰らい/Carrion Feeder》を使うジャンド型も検討しています。

■対抗:ANT

4《渦まく知識/Brainstorm
4《思案/Ponder
2《定業/Preordain
4《思考囲い/Thoughtseize
4《暗黒の儀式/Dark Ritual
4《陰謀団の儀式/Cabal Ritual
4《冥府の教示者/Infernal Tutor
1《願い爪のタリスマン/Wishclaw Talisman
1《苦悶の触手/Tendrils of Agony
1《むかつき/Ad Nauseam
4《夏の帳/Veil of Summer
2《燃え立つ願い/Burning Wish
1《炎の中の過去/Past in Flames

4《水蓮の花びら/Lotus Petal
4《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond
1《防御の光網/Defense Grid

4《汚染された三角州/Polluted Delta
2《霧深い雨林/Misty Rainforest
2《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
1《冠雪の島/Snow-Covered Island
1《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
1《Badlands
1《Bayou
1《Tropical Island
1《Underground Sea
1《Volcanic Island

サイドボード
3《残響する真実/Echoing Truth
1《永劫のこだま/Echo of Eons
1《虐殺/Massacre
1《苦悶の触手/Tendrils of Agony
1《ぶどう弾/Grapeshot
1《巣穴からの総出/Empty the Warrens
1《炎の中の過去/Past in Flames
1《粉みじん/Pulverize
1《恭しき沈黙/Reverent Silence
2《突然の衰微/Abrupt Decay
1《防御の光網/Defense Grid
1《森/Forest


 

マナ加速から《むかつき/Ad Nauseam》によって大量のカードを獲得し、最後は20点以上の《苦悶の触手/Tendrils of Agony》で決めるコンボデッキ、ANT。(Ad Nauseam Tendrilsの略称です)

レガシー環境が《紅蓮破/Pyroblast》と《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》に寄ってきており、ANTは黒いカードが中心なので《紅蓮破/Pyroblast》が効きにくく、《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》はほとんど無視できます。

その2つの影響を受けにくいコンボデッキとして再び活躍しています。《夏の帳/Veil of Summer》の影響で、《狼狽の嵐/Flusterstorm》の採用が減ってきているのも、ANTにとって追い風。


夏の帳/Veil of Summer》は「このターン呪文が打ち消されない」効果なので、1ターン中に複数の呪文を唱えるANTにとって最高の妨害呪文。相手の視点だと、まずは《夏の帳/Veil of Summer》を打ち消さないとそのターン中に負ける可能性があるためプレッシャーが大きい。

ただANT側も相手に《夏の帳/Veil of Summer》を撃たれると「黒からの呪禁を得る」により《苦悶の触手/Tendrils of Agony》の対象に出来なくなるため、そのターン中に勝てないという欠点がありました。

そのためサイドボードから赤い呪文で勝てるように《燃え立つ願い/Burning Wish》型に変化しています。これなら《夏の帳/Veil of Summer》を撃たれたターンでも大丈夫で、サイドボードから状況に合わせてドローや除去もサーチ可能。

■スゥルタイ《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith

2《貴族の教主/Noble Hierarch
2《金のガチョウ/Gilded Goose
1《漁る軟泥/Scavenging Ooze
4《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl
2《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
2《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest
1《不屈の追跡者/Tireless Tracker
2《疫病を仕組むもの/Plague Engineer
1《探索する獣/Questing Beast

4《渦まく知識/Brainstorm
2《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe
4《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith
2《突然の衰微/Abrupt Decay
1《森の知恵/Sylvan Library
4《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns
1《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
4《意志の力/Force of Will

4《霧深い雨林/Misty Rainforest
3《汚染された三角州/Polluted Delta
3《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
2《冠雪の森/Snow-Covered Forest
2《冠雪の島/Snow-Covered Island
1《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
1《ドライアドの東屋/Dryad Arbor
1《Bayou
1《Tropical Island
1《Underground Sea
2《不毛の大地/Wasteland

サイドボード
1《カラカス/Karakas
2《花の絨毯/Carpet of Flowers
1《弱者の石/Meekstone
2《真髄の針/Pithing Needle
2《外科的摘出/Surgical Extraction
3《夏の帳/Veil of Summer
1《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre
1《疫病を仕組むもの/Plague Engineer
1《三なる宝球/Trinisphere
1《虚空の力線/Leyline of the Void

グランプリボローニャ準優勝の、スゥルタイ《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》。環境が《紅蓮破/Pyroblast》《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》に寄るなら、緑のクリーチャーを中心としてアドバンテージを取る戦略が良いかと考えて10ゲームほど回しましたが、このリストのままだとデッキの印象は良くなかったです。

マナクリーチャーを多用するためどうしても《終末/Terminus》で複数交換されやすく、メインで相手の妨害手段が《意志の力/Force of Will》《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》だけなのでコンボデッキにも負けやすい。変更を加えるとしたら《否定の力/Force of Negation》の採用と、サイドボードに4枚の《虚空の力線/Leyline of the Void》があると良いかなと。

■おわりに

下のフォーマットほど《王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crowns》《夏の帳/Veil of Summer》の便利さが目立ち、いかにこの2種類を無視できるデッキ構築をするかが課題になっています。

この2枚を使うバント奇跡か、この2枚を無視できるホガークか。もう少し細部を詰めて行こうかなと。
それではまた。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧