バトルスピリッツ │ デッキ紹介 │ キョウ【アイツノヴァ】

こんにちは、キョウ(@kyo82bs)です。

今回は第一回目のデッキ紹介ということで、一番思い入れがある「アイツノヴァ」を紹介していこうと思います。

「アイツノヴァ」を開発して挑んだ初大会のCS決勝では、先行2ターン目に全ハンデスが出来る最高の初手で「代表が獲れる!」と思っていた次のターンに《トレジャードロー》で《海帝国の秘宝》を捲られて負けたのもいい思い出です。

アイツノヴァはキーカードである《アイツのカード》と《一月幼神ディアヌス・キッズ》が制限になってしまった今でもたまに見かける程ファンの多いデッキタイプで、僕も大好きです!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾のバナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-bs.jp/)

■デッキリスト

 

■採用カード解説

超神星龍ジークヴルム・ノヴァ

イラストと全ての効果が強いこのデッキのキースピリットです。

全ハンデスがとにかく強力な効果ですが、盤面が負けている時は不利になってしまうので注意が必要です。

煌臨時効果のライフ回復で防御札としても使うことが出来ます。

かっこいい。

一月幼神ディアヌス・キッズ

このカードが引けるかどうかが大事です。

制限カードなので雑に出しておくことがないように気をつけて、メインステップに《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》を煌臨するタイミングに合わせて出すようにしましょう。

召喚時効果も強制ではないためバーストがセットされている時は効果を使わないことも大切です。

アイツのカード

今回のデッキでは《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》以外では《魔界竜鬼ダークヴルム》《雷皇龍ジークヴルム》《黒皇龍ダークヴルム》の3種類のヴルムを採用しています。

これらを召喚してドローしていき、《一月幼神ディアヌス・キッズ》と《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》を揃えましょう。

煌星銃ヴルムシューター

超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》とセットで防御札として使います。

ネクサス破壊と1ドローも付いているので適当に使っても腐ることはないところは優秀です。

「装填」を使い盤面にシンボルを作るシーンもあるので、全ハンデスに拘って忘れないようにしましょう。

オラクルXVⅡオーバースター

このデッキはパーツ集めが必要なため1枚で何ターンか稼いでくれる可能性があるこのカードはとても相性がいいと思い採用しました。

ついでにコアを増やしてくれるのも動きの遅いこのデッキでは助かります。

フラッシュのバウンスも防御札として使えるので腐るゲームが少ない点もいいです。

ドラグノ覇壊神

オラクルXVⅡオーバースター》を自分から破棄するための枠としてこのカードが1番単体でのカードパワーが高いと思い採用しました。

超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》の全ハンデスをする際、盤面が負けてしまっていては自分が不利になってしまうので、盤面を荒らしてくれるカードとしてもこのデッキとは相性がいいです。

相手がネクサスを多用するデッキならばそのままフィニッシャーにもなってくれます。

煌炎の神剣》《英雄皇の神剣》《英雄皇の神剣

散らして採用することで1回のバーストセットで最大3ドローすることができます。

赤シンボルを確保しつつドローしてくれるので、できれば序盤から置きたいカードです。

バーストは12枚採用しているので最低限ドローカードとしても機能してくれるはずです。

百識の谷

神剣と同じくドローしつつ赤シンボルを確保してくれる枠です。

レベル2からは破棄しなくてもよくなり、ライフ2以下なら更に1枚カードがドローできるようになります。

互換カードが多い効果ですがドローするだけならこのカードが一番優秀だと思い採用しています。

赤の世界

手札に溜め込んだ《雷皇龍ジークヴルム》と《黒皇龍ダークヴルム》を一気に召喚してこのカードと合わせるとかなりの打点を出すことが出来ます。

パーツの集まりが悪い時のサブプランとして使えると思い、採用しました。

序盤のテンポを取れる配置時効果といい、入れない意味がなかったです。

選ばれし探索者アレックス

被っても召喚すれば毎ターンアドバンテージを稼いでくれます。

シンボルとしても優秀で、《魔界竜鬼ダークヴルム》や《オラクルXVⅡオーバースター》の紫や白の軽減シンボルがあるカードも採用しているので、場に置いておきたいカードです。

魔界竜鬼ダークヴルム》と《黒皇龍ダークヴルム》と相性がよく、バーストとして伏せたものの使わなさそうな時や、各種神剣でのドローを狙うために新しくバーストを伏せたい時に自分からバーストを使い召喚することが出来ます。

■デッキの動かし方

アイツのカード》とヴルムを使った大量ドローから、《一月幼神ディアヌス・キッズ》によって《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》をメインステップで煌臨し、フラッシュの隙を与えずに手札を全て破棄して勝ちを狙います。

制限カードの《一月幼神ディアヌス・キッズ》がないとメインステップで煌臨することが出来ないので、ドローできるネクサスを置いて場にシンボルを置きつつ、とにかくドローしていきましょう。

相手が動き出しの早そうなデッキであれば、ドローより先に《オラクルXVⅡオーバースター》を優先してセットすることも必要です。

オラクルXVⅡオーバースター》をセットしていてメインステップに《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》を煌臨できている場合は、《ドラグノ覇壊神》か《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》を手札から召喚して、《オラクルXVⅡオーバースター》を破棄できるようにしましょう。

超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》で全ハンデスしてから、召喚していた《ドラグノ覇壊神》のアタックで《オラクルXVⅡオーバースター》を破棄する方が全ハンデスが出来るので、勝ちやすいシーンが多いと思います。

一月幼神ディアヌス・キッズ》を引けないゲームも多いはずなので、盤面と相手の使えるコアの数をみて狙えそうな場面では、積極的にメインステップでなくてもアタックしながら《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》に煌臨して全ハンデスを決める応用力も必要です。

その際はソウルコアを1つだけ乗せたスピリットでアタックして、フラッシュタイミングにそのスピリットを消滅させながら、《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》に煌臨してライフ減少でバーストや《絶甲氷盾》などで止められないようにしましょう。

赤の世界》を引いた場合は、「採用カード解説」でも書いたように手札に溜め込んだ《雷皇龍ジークヴルム》と《黒皇龍ダークヴルム》を召喚して、《赤の世界》の効果ダメージや《赤き神龍皇》のシンボル追加でライフを一気に狙うサブプランもあるので忘れずに。

また、《煌星銃ヴルムシューター》をヴレイヴした《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》《赤の世界》《赤き神龍皇》が揃うと、1回のアタックで5点出るので一応覚えておきましょう。

■おわりに

今回は第一回目のデッキ紹介記事ということで、思い入れのあるデッキを紹介させていただきました。

メインギミックに制限カードが絡んでしまう関係で勝ち筋をいくつか用意して制限カードを引けなかった時も勝てるようにしています。

今回はファンデッキ寄りなデッキを紹介したので、次回はもっと実戦的なデッキを紹介しようと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧