ポケモン │ デッキ紹介 │ 凱【サーナイトGX】

凱(@yamayoshi1026)です。

シティリーグもそろそろ前半戦が終わり、折り返しというところ!
タッグオールスターズで出た強力なカード達がメタゲームを加速させている。そう感じている方も多いと思います。

今回の記事ではCL東京にて使用候補デッキの1つであった《ジラーチSM8a》軸の《サーナイトGX》デッキの紹介をしていきます。

タッグオールスターズで登場したカードは採用していませんが、新レギュレーションが始まると共にスタンダードレギュレーションで《サーナイトGX》が使えなくなってしまうこともあり、シティリーグが終わってしまう前に公開しようと思います!

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ : 《サーナイトGX

■採用カード解説

GXのアタッカーなので、TAG TEAM GX中心の環境ではサイドレースを有利に進められる試合も多い。

相手にはよるものの、環境の中心デッキの1つである《レシラム&リザードンGX》といったエネルギーを多くつけるポケモンを比較的低いハードルで倒せるのが魅力のアタッカー。

タイプが超、闘のアタッカー。

環境の中心である《ミュウツー&ミュウGX》やCL東京以降流行気味の《ピカチュウ&ゼクロムGX》、《ゾロアークGX》等に対して弱点で倒しやすいのはかなり嬉しい。
ワザで盤面にエネルギーを残しやすいのも《サーナイトGX》と相性が良い。

主に《サーナイトGX》が倒されたときの復帰用。

トリプル加速エネルギー》も入っているため、たまにアタッカーとして活用する。

サーナイトGX》を軸に組もうと思ったきっかけの1つ。

前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていなければ使えないという条件付きだが、基本エネルギー、トレーナーズ、ポケモンを1枚ずつ山札からサーチできる。

前の番に《ラルトスSM11b》をベンチに出していれば《サーナイトGX》に進化して即反撃が狙える。

■デッキの動かし方

序盤は《オーキド博士のセッティング》から《ジラーチ》や超タイプとフェアリータイプの《ラルトス》などを展開します。

(手札によっては《リーリエ》とポケモンを展開するグッズを中心に展開した方が良い場合もあります。)

初動から《ジラーチ》のねがいぼしを使えるため、《メイ》や《ふしぎなアメ》などのパーツを集めやすくなっています。

中盤以降は《メイ》を起点に相手のアタッカーに対してカウンターを狙いながら、《オドリドリGX》や《ペルシアンGX》なども場に出し、《サーナイトGX》が倒されても復帰できるような盤面を作ることを意識します。

ペルシアンGX》やサポート《メイ》などで《こだわりハチマキ》、《トリプル加速エネルギー》などを揃え、《サーナイトGX》の特性ひみつのいずみも合わさるとかなりの火力増強が見込めます。

相手のサイドが減った終盤は《無人発電所》+《リセットスタンプ》を絡めて動きを止めて捲りにいく動きも狙えます。

最後まで《ラルトス》の準備を欠かさないようにし、アタッカーを切らすことなく戦い切るのが理想です。

■不採用カード解説


強力な特性を持ち、進化前の《アローラロコンSM2K》のみちしるべも強力だが、このポケモンの役割を《メイ》や《ジラーチ》でも補うことが出来たため不採用。

ただ、《アローラキュウコンGX》を採用すると序盤から《サーナイトGX》が動き出しやすくなるのでメリットも少なからずある。

非GXのアタッカーでありながらHPも火力も申し分ない性能。

ジラーチ》を採用している都合上、ポケモンをベンチに下げる手段が豊富なので、起動の要求は従来の《サーナイトGX》デッキと比べると低いためその点も相性が良い。

フェアリーエネルギーの扱いに慣れてきたら採用してみると面白いかもしれない。

アタッカーが用意できなくなった時に力を発揮するかもしれない。
ただ、TAG TEAM GXのポケモンなのでサイドを取られる枚数だけ注意したい。


相手の《ケルディオGX》を《エルレイド》だけでなく、《サーナイトGX》や《ペルシアンGX》で突破したかったのと、後半の捲り性能を評価して《無人発電所》を採用したが、相手が《無人発電所》を場に出しながら攻めてくるデッキの場合に厳しい立ち回りを強いられることが多々あったので、それらのデッキに対して思うようにゲームができないと感じたら《無人発電所》の枠を《混沌のうねり》に変更しても良いかもしれない。


場に長持ちすれば強いカードだが、《混沌のうねり》や《グズマ&ハラ》の登場もあり、スタジアム現物や特性リセットホールの《マーシャドー》を採用したデッキ等、スタジアムに触りやすくなったデッキが増えてきたこともあり、あまり刺さらないという判断から不採用。

■終わりに

いかがだったでしょうか。

今回は自分のポケモンが倒されることをメリットに変えていけるカードを多めに採用した《サーナイトGX》デッキの紹介でした!

サーナイトGX》の強みを存分に活かせる構築だと思っているので、是非お試しください!

それではまた!

↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧