遊戯王 │ CSレポート │ しの【ランスロッド杯】

Cradrush Prosとして活動しているしの(@Strike1105)です。

今回は10/7に行われた《ランスロッド杯》のCSレポートとなります。
初めに使用デッキのレシピをお伝えし、その後、使用デッキについて述べていきたいと思います。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush.jp/)

■使用デッキ : 閃刀姫

■デッキレシピ
メインデッキ:40枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚

【モンスター】12
2×《エフェクト・ヴェーラー
3×《増殖するG
2×《屋敷わらし
2×《灰流うらら
3×《閃刀姫-レイ
【魔法】26
1×《コズミック・サイクロン
1×《テラ・フォーミング
1×《ハーピィの羽根帚
1×《増援
3×《強欲で貪欲な壺
3×《成金ゴブリン
2×《貪欲な壺
3×《閃刀機関-マルチロール
2×《閃刀機-ウィドウアンカー
2×《閃刀機-シャークキャノン
1×《閃刀機-ホーネットビット
2×《閃刀空域-エリアゼロ
1×《閃刀術式-アフターバーナー
1×《閃刀術式-ジャミングウェーブ
2×《閃刀起動-エンゲージ
【罠】2
2×《無限泡影
【エクストラ】15
1×《ヴァレルソード・ドラゴン
1×《サクリファイス・アニマ
1×《トロイメア・フェニックス
1×《トロイメア・ユニコーン
1×《双穹の騎士アストラム
1×《星杯戦士ニンギルス
1×《水晶機巧-ハリファイバー
1×《閃刀姫-カイナ
1×《閃刀姫-カガリ
3×《閃刀姫-シズク
3×《閃刀姫-ハヤテ

【サイドデッキ】 15
3×《アーティファクト-ロンギヌス
2×《スカル・マイスター
2×《ダイナレスラー・パンクラトプス
1×《幽鬼うさぎ
2×《サイクロン
3×《融合解除
2×《タイフーン

■使用デッキについて

まず、ご覧いただいた通り使用デッキは【閃刀姫】でした。(最近のCSレポートの使用デッキほぼ全部【閃刀姫】故にバリエーションが少なく申し訳ないです…)

以前のレポートでも述べたのですが、やはり遊戯王をやる時間が少なくなってきている中でのCS参加は“使い慣れたデッキ”か“発想力の勝利による新たなデッキタイプ”のどちらかを使用する事がベストだと考えており、つまり今回も“新たなデッキ”は思いつかず、“使い慣れたデッキ”を使用する事となりました。

そして、僕にとっては10月1日より施行される新制限適用後最初のCSの参加でした。新制限環境は僕の予想とほぼ合致していて、やはり【閃刀姫】を使用する事は間違いないと思いデッキを選択し、構築についてはチームメイトであった あおい うい(@aoiuiui)と ヤマト(@suito_rukungrrx)と相談し、僕に足りない環境の移り変わり、流行りなどの情報を教えてもらい、殆ど同じ構築で出場しました。

今回の構築の中で、彼らと僕が注意を払ったのが新型の【オルフェゴール】です。

新制限発表から間もなく、【ドラゴンリンク】は環境から著しく減り、《原始生命態ニビル》の収録により、「展開系デッキ」全般の風当たりが強くなった為、一時的に「展開系デッキ」は減りましたが、その矢先に登場したのが、【未界域】を搭載した【オルフェゴール】です。

このデッキの最大の特徴は“【未界域】の展開力によって最速で《召命の神弓アポロウーサ》を召喚させることで最も恐れる《原始生命態ニビル》や、その他手札誘発をケアできる点”です。

そしてそこからさらに展開を伸ばし、【オルフェゴール】の動きも行うのです。

この【オルフェゴール】の分布は未知数で、使用人数が多いか明確でなかったものの、使用者が増えていた場合非常に危険という判断のもと、サイドデッキには《アーティファクト-ロンギヌス》や《スカル・マイスター》をふんだんに採用しました。

結果として【オルフェゴール】とは対戦しませんでしたが、使用者自体は12名おり、使用率でいうと5位となっていて確実に増えていた為、チームメイトの判断は間違っていませんでした。

また、CS自体の結果も僕個人の成績は3勝3敗2分けと非常に残念な結果でしたが、チームでの成績は準優勝でした!最初から最後まで助けてくれたチームメイトに感謝です!

■最後に

長く続いている【閃刀姫】レポートですが、そろそろ新しいデッキを開発し、そのデッキでのCSレポートと解説ができればと思っています。

その時はまた是非ご覧ください!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧