ポケモン │ デッキ紹介 │ アリス【ジラーチサンダー】

こんにちは、世界大会の出場権利を持っていないのにワシントンまで行ってきましたアリス(@pokemon_courage)です。

今回はジムバトルでどのようなデッキが使われているかをピックアップしていきたいと思います!

SNS上でジムバトルやCSなどの上位デッキを見ていくとドリームリーグに収録されている《レシラム&ゼクロムGX》や《ドリュウズ》、《シルヴァディGX》などのポケモンがメインアタッカーや補助のポケモンとして採用されているのをはじめ、JCSでも猛威を振るった《レシラム&リザードンGX》や世界レギュでも使用された《カラマネロ軸》のデッキが多く存在していました。


そんな中でドリームリーグに収録していたサポート《メイ》を使いやすい「ジラーチサンダー」がありましたのでそれについて解説していきます。

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

■デッキレシピ:ジラーチサンダー

https://twitter.com/Kidoriya_osaka/status/1157612983888908289

(引用元:https://twitter.com/Kidoriya_osaka/status/1157612983888908289)

■デッキ解説

ポケモン

メインアタッカーの《サンダー》を中心に《マッシブーン》や《ウツロイド》、《カミツルギ》と3種類のウルトラビーストが採用されています。

この3枚の採用により、それぞれ相手のデッキやサイドの枚数に合わせてゲームプランを立てていくことができるようになっています。

補助のポケモンとして《ジラーチ》が2枚と《アブソル》が1枚採用されています。

アブソル》は相手のたねポケモンの逃げるコストが1増えるため相手の《ジラーチ》が《エスケープボード》をつけても逃げられなくなったり、《カプ・コケコ》のような逃げる0のポケモンに逃げるコストを要求できるようになるため相手のテンポを奪うことができます。

サポート

サポートに目を向けてみると最初の手番に使いたい《リーリエ》は4枚。アサルトサンダーの効果の性質上最大限まで使いたいため《グズマ》も4枚。

変わった点はその先で、今までは《デンジ》が採用されていましたが、アタッカーのHOが低いことを考慮して、このデッキではそのスペースに《メイ》が採用されています。

■まとめ

来シーズンの開幕も間もなくです。
今までのデッキをブラッシュアップして新たな発見も見つけていきたいですね!

それではまた

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧