ポケモン | 攻略記事 | とーしん【WCSレギュレーションについて】

とーしん(@1483toushin3069)です。今回は世界大会について書きたいと思います。
大まかなメタゲームに関してはアリスの記事のほうで触れていると思うので一歩踏み込んだ話をかきたいと思います。

ポケモン | 攻略記事 | アリス【世界大会レギュレーションのメタゲーム】

※ラッシュメディア記事内紹介のカードは
カード名のリンク、記事末尾の
バナーを
クリックで通販サイトへアクセスできます

通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

レギュレーションの違い

今年の世界大会はワシントンD.Cで開催されますが、実はレギュレーションに大きく差があります。

大雑把に表現すると日本のパックでSM1~SM4に相当する範囲のカードがレギュレーション外となります。
具体的には《カプ・テテフGX》《ネストボール》《ハイパーボール》《こだわりハチマキ》《グズマ》などが使用できないルールとなります。






パック単位で区切られているので《シルヴァディGX》は使えるけど《サイキックメモリ》は使えなかったりします。少し面白いところですね。

フーパ(SM3+)》や《ラフレシア(SM3H)》もレギュレーション外となるので今年とーしん自身が使ってきたデッキたちも使えないものがほとんどです。そんなレギュレーションですが、とくにカギになるカードがいくつかあるので挙げていきたいと思います。

①《カスタムキャッチャー

グズマ》が使えないことで、ほとんどのデッキがベンチへの干渉としてこのカードを選択します。

ヤレユータン(SMH)》など特殊なカードを除いて、基本的にこのカードで相手のベンチを呼び出せる回数は2回となります。
2回目を揃えることはなかなか難しいので、1回目のベンチを呼び出すタイミングを正しく見極めて使う必要があります。
貴重なベンチを呼び出すカードなので、2ターン先3ターン先を見据えてよく考えて、使うのか温存するのか、選択していきます。

自分で使う時に思考を巡らせるのはもちろんですが、相手の《カスタムキャッチャー》も常に考えて動く必要があります。
相手のトラッシュに3枚の《カスタムキャッチャー》が見えていれば、自分のベンチに干渉される可能性は非常に低いといえます。
相手が《リーリエ》を使う前に何枚キープしたか、などからも《カスタムキャッチャー》のタイミングを推し量ることができます。

観戦する際は《カスタムキャッチャー》の動向を気にしながら見ると一層面白くなると思います。

②《デデンネGX

カプ・テテフGX》がレギュレーション外であることからデッキの安定度といった側面で日本のルールに比べて採用率が高いと思います。

先ほど話した《カスタムキャッチャー》と一部相性の悪い点があり、「デデチェンジ」で《カスタムキャッチャー》の片割れを切りながらドローするといったことがよくあります。しかしそれでも、動けず何もできないまま負けることがないので採用されています。

また見方によっては、終盤「デデチェンジ」から《カスタムキャッチャー》を2枚揃えてくれる活躍をすることもあるので非常に難しい一枚です。
テンポを意識して序盤に使ったり、終盤に詰めの1枚として使ったり、役割が多岐にわたるポケモンになります。

余談ですが、特性の「デデチェンジ」は英語表記でも「de de change」なので日本語でも通じます。

③《リセットスタンプ

このカードは日本のレギュレーションとあまり役割が変わりませんが、やはり強力なカードになります。

特にベンチへの干渉手段が《カスタムキャッチャー》であることの多いこのルールでは、終盤ベンチのポケモンを守るための《リセットスタンプ》が強力になります。このカードも自分で使うことに思考を巡らせるのはもちろんのこと、相手の《リセットスタンプ》のことも考えてプレイすることが大切になってきます。

そこに《カスタムキャッチャー》や《デデンネGX》が関わってきて、非常に選択肢が難解になります。《カスタムキャッチャー》をキープしていれば次のターン勝てると分かっていても、相手の《リセットスタンプ》があると考えると、少し弱い使い方でも《カスタムキャッチャー》を使ってしまうことが正解となりえるのです。

まとめ

世界大会を観戦していると一見「あれ、今のプレイ間違ってない?」と思うこともあるかもしれません。
しかし、そのプレイが間違っているかどうかは非常に難解で正誤判断がすぐにできないことが多いです。
そんな時は、周りの人とあーだこーだと議論して楽しむのも一興かと思います。

さてさて、そろそろトランジットの時間が迫っているのでワシントンに向かいたいと思います。
ここまで目を通してくださった皆様、ありがとうございます。
精一杯ミスが少なくなるよう頑張りますので応援のほうよろしくお願いいたします。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧