MTG | Card Rush Pros選手紹介 | 井川良彦

はじめに

初めての人ははじめまして、久しぶりの人はこんにちは。

プラチナレベルプロの井川 良彦です。

カードラッシュよりスポンサードの申し出をいただきまして、この度スポンサードプロとして契約することになりました。

今後、定期的にラッシュメディアにコラムや大会レポートといった記事を執筆していきます。

皆さんの役に立つ and/or 読んでて面白いと思えるものを発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

今シーズンの僕

僕は2014-2015シーズンからレベルプロとして活動していましたが、4シーズン連続でシルバーレベル止まりでした。
(プラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズなので、下から2番目です)

特に昨シーズンはあと1点というところでゴールドレベルを逃がしたこともあり、自分の実力に限界を感じ、
前スポンサードだったHareruya Prosを辞し、一線を退こうと考えました。この時点で残りのプロツアーの権利は1回(シルバーレベルのみ)です。

ですがマジックというゲームは離してくれないもの。

2018年10月のGP名古屋(チームリミテッド)で3位入賞しもう1回分の権利を獲得すると、2019年2月にその権利で出場したMCクリーブランドでは望外の準優勝!!

10-1月に出ていたGPが好調だったこともあり、気づけば最高峰のプラチナレベルプロに到達していました。

引退から一転、まさかのプラチナ達成。そしてミシックポイント(今年度から創設された新しいランキング制度)の”Challengers枠”でも上位にランクインし、とても良いポジションまで一気に駆け上がりました。

まさに最大の好機!と判断し、いただいていた就職の内定も辞退。改めて「プロプレイヤーにオールイン」を決意し今に至ります。

その他、僕の来歴等は以下の記事をご覧ください。
⇒「英雄譚」:井川 良彦~折れない心の根源~
(別サイトへ) https://mtg-jp.com/coverage/mfkyo19/article/0032205/

カードラッシュと僕

正直に書きますと、これまで僕は数える程しかカードラッシュを利用したことがありません。秋葉原に行く機会が少ないというのがその理由です。
なのでショップ自体への印象はポジティブもネガティブもなく、かなりフラットです。

そんな僕がどうしてカードラッシュからスポンサードを受けることにしたのか。その理由の1つはスポンサードの条件が良かったから。これは「プロ」として重要なポイントです。

そしてもう1つの理由が、「マジックを盛り上げたい」というカードラッシュの思いが伝わったからです。

プロポイント制度が廃止され、来年以降の競技マジックについての発表は8/8時点で一切ありません。今プラチナレベルである僕も、来年はミシックチャンピオンシップに出場できないかもしれません。競技マジックがどうなっていくか、非常に不透明な状態であり、正直不安もあります。

ですがそんな中でも、「ミシックチャンピオンシップの出場の是非は問わない」「スポンサードプロを擁立して、もっとマジックを盛り上げたい」というお言葉をカードラッシュの代表の方から直接お聞きし、微力ながら力になりたいと思いスポンサードを受けることにしました。

今後の目標

カードラッシュ所属のプレイヤーとして、

・グランプリの優勝
・世界選手権への出場
・Magic Pro Leagueへの加入

この3つを大目標として頑張ります。どれも非常に難しいですが、ここに目標を掲げることで自分自身を鼓舞していきます。有言実行!

また今回のスポンサードを機に、記事の執筆だけでなく動画の配信も検討中です。タイミングや他の方の配信状況を見計らって進めていきたいなと思います。

以上です。

今後ともカードラッシュと井川良彦をよろしくお願いします!!

※記事内の画像はマジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトより引用しました。

実績

・プロツアートップ8 2回
ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド 準優勝
プロツアーサンディエゴ10 ベスト8

・グランプリトップ8 5回
グランプリシアトル19 準優勝
グランプリアトランタ18 ベスト8
グランプリ名古屋18 ベスト4
グランプリシドニー17 準優勝
グランプリ北京15 ベスト4

The Finals18 ベスト4
日本選手権11 ベスト4

シーズン成績

グランプリ千葉19 84位
グランプリシアトル19 準優勝
グランプリ台北19 42位(アゾリウスアグロ)
グランプリ京都19 116位(エスパーコントロール)
ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド 準優勝(エスパーコントロール)
グランプリプラハ19 19位
The Finals18 ベスト4(ゴルガリミッドレンジ)
グランプリ静岡18 19位(ゴルガリミッドレンジ)
グランプリアトランタ18 ベスト8(トロン)
グランプリ名古屋18 ベスト4

獲得プロポイント:55点

関連記事一覧