ポケモン | 攻略記事 | あむ【シールド戦におけるプレイング】

シールド戦のプレイングについての解説記事をあむ選手からラッシュメディアにいただきました。


どうも、Card Rush Prosとして活動しているあむです。

今回は先日行われた「ミュウツーHR争奪戦1stイベント」からシールド戦におけるプレイングの重要性に関して、ちょうどわかりやすい盤面があったので紹介してみようと思います。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

はじめに

「ミュウツーHR争奪戦1stイベント」は番組として凄く面白かったですね。どの対戦も白熱していてあの有名人がポケモンカードで勝って喜んだり、負けて悔しがっている姿は印象的でした。
個人的に伊沢くんにもっとポケモンカードやって欲しいです。出演者の方、関係者の方お疲れ様でした。

今回取り上げるのは「1回戦 第4試合 原根健太選手 vs とーしん選手」

原根選手は「遊戯王」「マジック・ザ・ギャザリング」といったカードゲームをやっている方ならご存知かもしれませんが、現在は「マジック・ザ・ギャザリング」で主に活躍しているカードゲームの超有名プレイヤー。

記事の質も非常に高く、自分がプロとして記事を書いている中での目標というか目指しているクオリティーラインは原根選手の記事です。

▼例えばこれ(無料)
https://jspeed.hatenablog.com/entry/2019/06/12/222741

そしてとーしん選手は同じくCard Rush Pros所属で言わずもがなポケモンカードが上手いプレイヤー。2016年のポケモンカード世界王者です。

「上手い」といっても様々な要素があるわけですが、個人的にとーしんは細かいプレイングというより、対戦における「プランニング」が非常に優れていると思います。このあたりは2017年に不利マッチだった対戦において完璧なゲームプランで勝利した話を読めばわかると思います。

(以下のツイートから続く一連のツイートをご覧ください。)

本業はとーしん選手の方ですが、どちらもカードゲームが上手いプレイヤー同士の注目の一戦でした。終わってみれば原根選手の一方的な展開でしたが、序盤のプレイングが面白かったのでそこについて解説してみたいと思います。

▼試合動画リンク(youtube)

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント 1回戦第4試合~

前提

▼全カードリスト
https://www.pokemon-card.com/card-search/index.php?mode=statuslist&pg=653
(ポケモンカードゲーム公式:トレーナーズウェブサイトより引用)

原根選手は《フシギバナ&ツタージャGX》《リザードン&テールナーGX》《溶接工》がメイン。サブアタッカーとしては《ギャロップ》、補助として《ロトム》《トロピウス》《キテルグマ》《メブキジカ》《フィオネ》を採用。
フシギバナ&ツタージャGX》は草タイプながらワザに必要なエネルギーが草無無無と使いやすく、どちらのTAG TEAM GXも《溶接工》が非常に強く働くいいデッキ。

とーしん選手側はTAG TEAM GXが《カメックス&ポッチャマGX》、サブアタッカーが《ケケンカニ》、アタッカー兼エネルギー加速の《カイオーガ》《グラードン》、ドローの《ナゲツケサル》、サポートとして《キテルグマ》《フィオネ》を採用。

ウィークガードエネルギー》を2枚採用出来ているのがポイントで、草弱点の《カメックス&ポッチャマGX》を安定して運用出来るようになっています。《グラードン》と《ケケンカニ》がいるので《アローラペルシアンGX》相手にも強く、どのデッキ相手も勝てる構築になっていますね。

それでは試合内容について触れていきましょう。

試合内容

まずはとーしん選手側が先攻。初期手札が7枚だったので原根選手側が一度マリガンをしたようです。

▼試合開始時の盤面

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント
(https://www.youtube.com/watch?v=Syl9uH0UD54&feature=youtu.be&t=6913)

とーしん選手は《グラードン》、原根選手は《フシギバナ&ツタージャGX》でスタート。

(先攻)とーしん選手1ターン目

1マリガンがあるため、ドロー含めて初期手札が9枚。

内容は《グラードン》《ケケンカニ》《アブソル》《カイオーガ》、《ジャッジマン》《エリカ》、《基本水エネルギー》《基本闘エネルギー》《ウィークガードエネルギー

まずエネルギー加速ワザを持っている《グラードン》をスタートポケモンに選択。

ここでのサポートの選択肢は2つ。《ジャッジマン》or《エリカ》
手札に《ケケンカニ》と基本エネルギーがあるため、出来れば《マケンカニ》《ポケモン通信》にアクセスしたい手札。かつ《ウィークガードエネルギー》も持っているため《カメックス&ポッチャマGX》や《オーキド博士のセッティング》を引くのもあり。

また、原根選手側は盤面に既に《フシギバナ&ツタージャGX》がいるため、エネルギーさえ引ければゲームを進めやすく、手札干渉に大きなメリットはない。逆に自分が展開出来なくなってしまうデメリットの方が大きい。

返しのターンに《ローラースケーター》など使用された場合に《ジャッジマン》を合わせればいいので、このターンは《エリカ》が良い択に見えました。

実際ここでは《エリカ》をまずは選択し、《基本水エネルギー》2枚と《キテルグマ》を引きます。

次に選択肢として「水と闘どちらのエネルギーをどこに貼るか?」「ポケモンを出すか?」

グラードン》のワザ「ひでり」は強力ですが、加速できるのは《基本闘エネルギー》のみ。手札のエネルギーが《基本水エネルギー》2枚と《基本闘エネルギー》1枚だったため、加速先の《基本闘エネルギー》は残し、《基本水エネルギー》を貼ることになります。

また、手札に《ポケモンいれかえ》がないため、相手の《フィオネ》でテンポが遅れてしまうことをケアしてベンチには何も出さず、《基本水エネルギー》を《グラードン》に貼りました。

考えるべきこととして今後のプラン。
相手は《フシギバナ&ツタージャGX》スタート。ワザに必要なエネルギーが4エネと重く基本的にこちらの《カメックス&ポッチャマGX》の方が先にワザを使うことが出来ます。次のターン、もしくは3ターン目までには引きたい所。
カメックス&ポッチャマGX》さえ引ければ《ウィークガードエネルギー》を貼れるので、先攻のアドバンテージもありとーしん選手側がかなり有利な展開です。

イレギュラーな事項として考えなければならない1つ目が《カメックス&ポッチャマGX》のサイド落ち。この場合は厳しいですが、次のターンに《マケンカニ》にアクセス出来れば《ケケンカニ》ルートで先に《フシギバナ&ツタージャGX》にダメージを与えることが出来ます。《ケケンカニ》は相手のワザ「フォレストダンプ」を特性のおかげで1回耐えることが出来るので、サイドレースは有利に働きそうです。

イレギュラーな事項として考えなければならない2つ目は相手がエネルギー加速の手段を持っていること。《ポケモンいれかえ》からの《トロピウス》《ロトム》や、《溶接工》などがあるとエネルギーのテンポが変わってくるため、こちらも早めにワザを使えるようにしなければなりません。

ということで《グラードン》に《基本水エネルギー》を貼ってターンを終了します。

(後攻)原根選手1ターン目

バトル場は《フシギバナ&ツタージャGX
ワザのエネルギーが重いため、相手が早い展開をしてくると先に《フシギバナ&ツタージャGX》にダメージが載ってしまうため、普通であればあまり嬉しくないスタート。

しかしここでまさかの《溶接工》から《基本炎エネルギー》が2枚、バトル場の《フシギバナ&ツタージャGX》につきます。

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント
(https://www.youtube.com/watch?v=Syl9uH0UD54&feature=youtu.be&t=6913)

これで一気に試合の展開が変わります。

溶接工》後の手札は《フィオネ》《トロピウス》、《ローラースケーター》《ジャッジマン》、《ポケモン通信》《ポケモンいれかえ》、《基本炎エネルギー》《基本草エネルギー》と盤石。
ポケモン通信》で逃げる0の《ギャロップ》を持ってくることで、相手に《フィオネ》を使われても、次のターン4エネ《フシギバナ&ツタージャGX》でワザを使うことが出来るので《ポニータ》のみベンチに出しエンド。

さらに手札には《基本草エネルギー》や《フィオネ》《ローラースケーター》といったカードがあるため、次のターンの動きが安定しています。たとえ相手が《アローラペルシアンGX》を採用していたとしても、ベンチの《アローラニャース》を倒すことでそのまま押し切ることが出来そうです。

1ターン目にして3エネルギーついた《フシギバナ&ツタージャGX》に対しとーしん選手がどのように対応していくのか。

次の2ターン目の動きは両者ともに駆け引きがあり、かなり面白いターンになります。

(先攻)とーしん選手2ターン目

ここでトップドロー《カメックス&ポッチャマGX

この時点でとーしん選手の手札は《ケケンカニ》《アブソル》《カイオーガ》《キテルグマ》《カメックス&ポッチャマGX》、《ジャッジマン》、《基本水エネルギー》《基本水エネルギー》《基本闘エネルギー》《ウィークガードエネルギー

待望の《カメックス&ポッチャマGX》を引けたので希望が生まれました。

しかし、相手の《フシギバナ&ツタージャGX》に3エネルギーがついている状況では、下記の理由から《カメックス&ポッチャマGX》は出すことが出来ません。

▼出した後の想定
カメックス&ポッチャマGX》に《ウィークガードエネルギー》をプレイ
→《グラードン》のワザでは《基本闘エネルギー》しか貼れないため、次のターンにワザを打つことが出来ない。
→返しのターンに《フシギバナ&ツタージャGX》に草エネルギーが貼られ、特性により《カメックス&ポッチャマGX》が呼ばれ160ダメージを載せられると返すことが出来なくなり、そのまま負けてしまう

なのでこのターンはまだ《カメックス&ポッチャマGX》を出すターンではありません。

サポートに関しても《ジャッジマン》しかないため、《カメックス&ポッチャマGX》と《ウィークガードエネルギー》を手札に抱えておきたいとーしん選手側は使うメリットがなく、原根選手側はまだ1枚も使用していない《基本草エネルギー》を引いてくるだけなので、あまりにも分が悪い賭けになります。

結果的にとーしん選手が行ったプレイはこちら。

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント
(https://www.youtube.com/watch?v=Syl9uH0UD54&feature=youtu.be&t=6913)

グラードン》に2枚目の《基本水エネルギー》を貼り、ワザ「ひでり」によりベンチの《カイオーガ》に《基本闘エネルギー》を加速するというもの。

この時点での残り手札は《ケケンカニ》《アブソル》《キテルグマ》《カメックス&ポッチャマGX》、《ジャッジマン》、《基本水エネルギー》《ウィークガードエネルギー

このターン《カメックス&ポッチャマGX》や《ジャッジマン》をプレイすることは上記の理由からない。
そのため「エネルギーをどこに貼るか?」「どのポケモンを出すか?」がプレイの分岐になっています。

▼とーしん選手の思考
相手のプレイ選択肢は大きく2つ
①《基本草エネルギー》を貼って《グラードン》を倒す
②《基本草エネルギー》を貼って《カイオーガ》を倒す

①の場合

カイオーガ》をバトル場に出し、手札から《カメックス&ポッチャマGX》をプレイし《ウィークガードエネルギー》を貼って、《カイオーガ》のワザ「みちしお」で《グラードン》が倒されたことによってトラッシュにいった《基本水エネルギー》2枚を《カメックス&ポッチャマGX》に加速する。

→こうなれば相手が返しのターンで《基本草エネルギー》を貼って《カメックス&ポッチャマGX》に160ダメージを載せてきたとしても、その返しに《カメックス&ポッチャマGX》のワザ「スプラッシュメーカー」で《基本水エネルギー》が2枚付けば100回復し、残りHP210となって、さらにその返しの160ダメージを耐えることが出来るようになる。
そうなれば先にTAG TEAMを倒すことが出来るので非常に有利。

また、《基本水エネルギー》が2枚引けなかった場合でも、相手が「ポケモンいれかえ」を引かないことを祈り《ジャッジマン》をプレイし、GXワザでマヒにすることでさらにその次のターンに回復してから有利に戦うことが出来る。

ようするに、この《グラードン》はわざと倒して貰うための2エネルギー。ここで《グラードン》を倒して貰えれば再度とーしん選手側が有利な展開になる。

②の場合

盤面に残るのは《基本水エネルギー》が2枚ついた《グラードン》と《アブソル

カイオーガ》はデッキに1枚しかないため、再度《カイオーガ》でワザを使うことは出来ない。
ここで《カメックス&ポッチャマGX》に《ウィークガードエネルギー》を貼っても、上記で説明したようにワザのテンポが間に合っていないため勝つことが難しい。
となるとここからの勝ち筋を作る非常に大事なカードがデッキに1枚入っている《エネルギーつけかえ

このカードさえ引ければ、《グラードン》の《基本水エネルギー》を1枚《カメックス&ポッチャマGX》につけ、《ウィークガードエネルギー》を貼ることで、逆転のチャンスが生まれます。

もし《カイオーガ》を倒されたとしても、その細い勝ち筋を作るためにこのターン《アブソル》をプレイしたのです。
もし、このターン《アブソル》をプレイしていなければどうなっていたでしょうか?
バトル場には《グラードン》が出るしかなく、手札に《ポケモンいれかえ》がないため次のターンのうちに《エネルギーつけかえ》を引かなければなりません。しかし現状手札に有効なドローサポートはなく確率はかなり低いです。
そのまま《グラードン》が倒されてしまうと完全に万事休す。引けるターンを1ターン作るために《アブソル》をプレイしました。

アブソル》前だったとして、仮に原根選手側が返しのターンで特性からベンチの《グラードン》を狙ったとすると、デッキの中から《基本草エネルギー》の枚数が1枚少なくなります。そうなるとさらに返しのターンに《アブソル》を再度バトル場に出しながら、《ジャッジマン》で原根選手が《基本草エネルギー》を引けない、という細い勝ち筋を残すことが出来るようになります。

その際にとーしん選手側はポケモンを《グラードン》《カイオーガ》《アブソル》《カメックス&ポッチャマGX》の4枚しかプレイしていないため、このルートが通れば原根選手はTAG TEAM以外の4枚を取り切るプランが取れず、3エネルギーがついた《カメックス&ポッチャマGX》と戦うしかなくなります。
こうなるとまたとーしん選手側が逆転するチャンスが生まれるのです。

このように、シールド戦においてはお互いがプレイしてくるカードは全て想定することが出来ます。
多くの選択肢がある中で、相手がどのようなプレイをしてくるか数ターン先まで想定し、勝つ確率が高い選択肢を取ることが出来るかが、このレギュレーションにおいて非常に大事になってきます。

それでは返しの原根選手のターンを見ていきましょう。

(後攻)原根選手2ターン目

基本草エネルギー》をプレイし、しばらく思考しますがしっかりとベンチの《カイオーガ》をバトル場に呼び出します。

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント
(https://www.youtube.com/watch?v=Syl9uH0UD54&feature=youtu.be&t=6913)

とーしん選手が《基本水エネルギー》を採用していることから相手の《カメックス&ポッチャマGX》+《ウィークガードエネルギー》を想像し、エネルギーのリカバリーを可能にする《カイオーガ》を倒す。
どちらを倒した方がより勝率が上がるか、をしっかりと考えきり正しい選択肢を取った原根選手はポケモンカードのプレイ歴が浅い中で流石としか言いようがありません。

となるととーしん選手側の勝ち筋は上記の通り《エネルギーつけかえ》プランが最も濃厚。
そのためにバトル場に《アブソル》を出し、時間稼ぎのターンを作ります。

引用元:【公式】ポケモンカードチャンネル ミュウツーHR争奪戦イベント
(https://www.youtube.com/watch?v=Syl9uH0UD54&feature=youtu.be&t=6913)

この後は配信が別試合になってしまい見れませんでしたが、結局《カメックス&ポッチャマGX》ルートにたどり着くことが出来ずに押し切られてしまったようです。

終わってしまえば一方的な展開でしたが、「もし《グラードン》が倒されていたら」「もし《エネルギーつけかえ》を引いていたら」どうなっていたかはわかりません。

ゲーム全体を見て様々な勝ち筋を残しながら、お互いがより勝率の高い選択肢を常に選択していた駆け引きのある面白い試合でした。

最後に

いかがでしたでしょうか?
これから7月、8月とシールド戦が始まります。出たカードプールの中から最良のデッキ構築をすることも大事ですが、様々なカードを想定しながら戦うプレイングがさらに大事なレギュレーションです。

ぜひシールド戦の練習でも「常に勝率を高める選択肢を取り、負け筋を作らないこと。」を意識してみてはいかがでしょうか?

おまけ

完璧なプレイはなんだったのか?
とーしん側の2ターン目のプレイ。実はもっと良い選択肢があります。

数ターン先のことや、相手の思考まで考えながら更に良い選択肢をに気がつくことができたなら、シールド戦の駆け引きはもう完璧かもしれませんね!

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧