ポケモン │ 新弾レビュー │ 【リミックスバウト】

今回は7/5発売の最新弾【リミックスバウト】の注目のカードTOP3をCard Rush Pros所属プレイヤー

とーしん選手(@1483toushin3069)
あむ選手(@4mutaaaN)
アリス選手(@pokemon_courage)

の3名にそれぞれ伺いました。
それでは早速内容を見ていきましょう。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

あむ選手(@4mutaaaN)の注目カードTOP3

1位《アローラペルシアンGX》

やはりインパクトが最も大きいのはこの《アローラペルシアンGX
特性「ドヤがお」によって「TAG TEAM GX」「ウルトラビースト」「特殊エネルギー」がついているポケモンからワザのダメージと効果を受けなくなる。
強力なTAG TEAM GXはもちろん《マッシブーン》といったウルトラビーストや、《マタドガス》《パンプジン》といった特殊エネルギーを中心としたデッキに対して非常に強いカード

現状存在しているデッキでこのカードで詰んでしまう場合は《無人発電所》や特性を受けないポケモンで戦う選択肢を入れなければならなさそうですね。
ただ、メインのポケモンとして採用するのは打点に不安があるため、相性の良い相方を探す必要性がありそうです。
個人的には《ブラッキー》や《ミカルゲ》を採用したタイプも面白そうだと感じました。

たたき台のレシピはこちらの記事で紹介しています!
https://cardrush-media.com/archives/2213

2位《グレートキャッチャー》

対象が「ポケモンGX」と広いのが良い点
「非GXポケモン」を呼ぶことは出来ませんが、《グズマ》と違ってサポート権を使用しないので1枚のみ採用するデッキは増えるかもしれません。
手札が多くアクセスしやすい《ゾロアークGX》や、《ブルーの探索》を採用しているデッキとは相性がいいと思います。《デンジ》を採用している《ジラーチ》《サンダー》といったデッキタイプでも採用される可能性がありそうです。

3位《リザードン&テールナーGX》

個人的に今回のTAG TEAM GX3体の中で最も絵柄が好みです。テールナー結構好きなんですよね。
すぐに思いつくのは《レシラム&リザードンGX》のサブアタッカーとしての採用。

サーチ先として《溶接工》や《リセットスタンプ》、《グレートキャッチャー》などを持ってこれるのは非常に優秀。ワザの打点も180と高く、一般的な「非GXポケモン」はほとんど倒せる上に《こだわりハチマキ》で《ゾロアークGX》などのHP210まで見ることが出来ます。

ただ、終盤にこのワザを打つ場合は返しでほぼ間違いなく《リセットスタンプ》を使われることになるので、出来れば序中盤のテンポを握るためにワザを使いたいですね。
個人的に《カスタムキャッチャー》と相性が良さそうだと感じているので、また別の記事にてデッキ紹介したいと思います。

アリス選手(@pokemon_courage)の注目カードTOP3

こんにちは、アリスです。
今回はリミックスバウトの注目カードを上げていきたいと思います!せっかくなので今月と来月に行われる”シールド戦目線での注目カード”を上げていきます。

1位《リザードン&テールナーGX》

1位は《リザードン&テールナーGX》です。

TAG TEAM GXなのでHPが高いのはもちろんのことで、技「シャイニーフレア」はほとんどのポケモンを一撃で倒しつつ山札から好きなカードを3枚手札に加えることができます。シールド戦では普通の対戦以上に山札から好きなカードをサーチするというアクションで大きなアドバンテージを得ることができるので、引いた場合は積極的に採用していきたですね!

GX技でトラッシュのエネルギーを5枚まで自分の場のポケモンに好きなようにつけることができるので、一気に複数のアタッカーを育てることもできます。炎タイプにはエネルギーの加速手段が複数収録されているためコストの重さもそんなに負担にならないと思うので、使いやすい1枚だと思います。

第2位 《グラードン》

2位は非GXで闘タイプの《グラードン》です。

このポケモンはカード1枚で起こしたいアクションを完結することができるところが魅力です。上技のひでりで自分の場の好きなポケモンに闘エネルギーを2枚加速させることで《グラードン》自身に加速して下技につなげることができるのはもちろん別のアタッカーも作ることが可能なため、シールド戦においてのカードパワーはとても高いです。

第3位 《ケケンカニ》

3位は《ケケンカニ》です。

このポケモンは闘闘無色で素で80ダメージを与えられ、このポケモンに水エネルキーがついているのならば80ダメージを追加という技を持っています。これは昨年行われたゼクロム争奪戦のカードプールに存在していた《ホワイトキュレム》と同じ性能であり、今年も活躍が目立つカードの1枚になるかなと思っています。1進化になった代わりに耐久値が上がったので、完成すればTAG TEAM GXとも渡り合うことができるでしょう!


他にも《アローラペルシアンGX》など 、TAG TEAM GXに対しての対抗ポケモンやその他の注目していきたいポケモンもたくさんいますが上位3つはこれで!
今回のカードプールはシールド戦がメインの調整がされている感じがします。しかしシールド戦を通して発見できたことが通常の競技視点でもうまく使えると環境に食い込んでくる可能性はあるので色々試していきたいなと思います!

今回はこの辺で、ではまた!

とーしん選手(@1483toushin3069)の注目カードTOP3

1位 《カメックス&ポッチャマGX》

1位はパックのタイトルポケモンうちの一人《カメックス&ポッチャマGX

「スプラッシュメーカー」はエネルギー加速と回復を同時に行うことのできる非常に強力な技となっている。
水タイプであることから流行りの《レシラム&リザードンGX》の弱点を突くことができ、有利なタイプであることもポイントである。

更には《せせらぎの丘》や《アクアパッチ》など豊富な展開補助カードをデッキに採用することでかなりスムーズにデッキを作れると考えている。
カメックスGX》と組み合わせて、ロケットスプラッシュの準備をするといったデッキタイプも面白いかもしれない。

2位 《エンテイ》

昔の《テラキオン(BW2)》とほぼほぼ同じ効果を持ったカウンタータイプのカード。
1つエネルギーをつけてベンチに置いておくことで、バトルポケモンを倒されたときに120ダメージを返しに出すことができる。
炎タイプであることから、《レシラム&リザードンGX》デッキの《フーパ》を倒せるカードとしても期待することができる。
溶接工》の存在から、場に先に置いておかなくても急発進ができることも評価できるポイントといえよう。

また別の観点では、《カウンターエネルギー》1枚で120ダメージを出せる炎タイプのたねポケモンであることもおさえておきたい。
今後鋼タイプで《フーパ》のような特性を持ったポケモンが登場したときに、再度検討されるカードだ。

3位《ズガドーン》

特定の条件下でダメージカウンターを12個相手の場に置くことのできる《ズガドーン》。
様々なデッキタイプでの活躍が見込めそうだが、相手のサイドが3枚の時という条件を達成しやすいデッキで真価を発揮すると考えられる。

ギラティナ》+《カラマネロ》のデッキが例として挙げられるだろうか、《ギラティナ》のやぶれたとびらとも相性がよく、技以外のタイミングでのサイド獲得に一役買えそうだ。《ウルトラネクロズマGX》のめつぼうのひかりGXで気絶させられるための調整にデプスボムを使うのもいいかもしれない。

また、ウルトラビーストであることから《ビーストリング》の対象になれる。《ビーストリング》を採用しているデッキに《ズガドーン》と《基本超エネルギー》を1枚入れておくことで、シークレットテクニックとして運用することができるかもしれない。《ビーストリング》を採用しているデッキであれば、検討する価値はあるだろう。

総評

ミュウツーHR争奪戦のフォーマットのシールド戦として今後2か月開封することの多いリミックスバウトであるが、スタンダードの環境でも使う可能性が大いにあるカードが多数収録されたパックとなっている。上記に挙げたカード以外にも《アローラペルシアンGX》を始めとした様々なカード達をよく見ることになると考えている。夏の間は日本国内の公式大会はないが、9月に始まる2020シーズンでこのパックのカード達がどのように活躍していくか、今後も注目していこうと思う。

ではまた。

 


以上、Card Rush Prosによる【リミックスバウト】の注目カードTOP3の紹介でした!
リミックスバウトのシングルカードはカードラッシュ通販店にて好評販売中です。
今回の記事内で紹介された注目のカードももちろんご用意しておりますのでぜひご利用ください!!
↓バナーをクリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧