ポケモン │デッキチューニング │ あむ【フーパブラッキー】

あむさんから既存のデッキを環境に合わせてチューニングしていく方法の解説記事をラッシュメディアにいただきました。


今回は環境に合わせたデッキのチューニングについて。
毎月新弾が発売する中、お気に入りのデッキや既存の環境デッキを上手くチューニングしていきましょう。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

デッキを変化させる方法

デッキを変化させる方法は簡潔にまとめると以下の2点。

①変化した環境を言語化する

└環境デッキの変化(ex.《パンプジン》《ミュウツー&ミュウGX》)
└デッキ構築の変化(ex.《プレシャスボール》《ハプウ》)

②それに合わせて調整する

文章にしてみるとたった2行で済みますが、実際はこれが結構大変な作業だったりします。
今回はこの2点を踏まえて《フーパ》《ジュゴン》《ブラッキー》というデッキをチューニングしてみます。

以前チャンピオンズリーグ京都で使用したデッキレシピはこちら。

当時の対戦レポートはこちら。
(https://cardrush-media.com/archives/891)

まず、前環境からの変化を洗い出します。
ここでいう前環境とはこのデッキを使用した「チャンピオンズリーグ京都」時点。それ以降発売された主な商品は「スカイレジェンド」「名探偵ピカチュウ」「ミラクルツイン」「スターターデッキ《エーフィ&デオキシスGX》、《ブラッキー&ダークライGX》」。

①変化した環境を言語化する

こちらは是非Rush Prosで環境に関する記事を書いているのでそちらを参考にしてみてください。
・・ミラクルツイン
(https://cardrush-media.com/archives/1617)
・・スカイレジェンド発売後
(https://cardrush-media.com/archives/1168)

②それに合わせて調整する

フーパブラッキーというデッキタイプのコンセプトは「《フーパ》を倒してくるポケモンを全て倒す」というもの。
そのため特に考えるべきポイントは《フーパ》を倒してくるポケモンの変化に注目することです。
特に以前からの変化として気をつけなければならないカードはこれら。
・・パンプジン
・・ネクロズマ
・・ゲッコウガGX

それぞれの対策が必要となりますが、ここで大事なのは「何がキツいのか」を正しく言語化することです。

例えばパンプジン相手の場合

ジュゴン》で《ゼブライカ》を倒し続けられたら動きが止まりチャンスが出てくるが、トリプル加速エネルギーの問題や安定性から連続してワザを使うのが難しい。《のろいのおふだ》があるため、バトル場同士のワザの打ち合いだとサイドレースに負けてしまう。

対策として考えられるのは
・・安定性を高める:《ジュゴン》ラインを厚くしエネルギー配分を考え直す
・・ポケモンのどうぐを封じる:《フラダリラボ
・・特殊エネルギーを封じる:《デンジュモクGX》《トリデプス》

フラダリラボ》は一見対策になりえますが、《パンプジン》側は《戒めの祠》を複数枚採用しているパターンが多く、こちらもスタジアムを多く採用しなければ意味がなさそうです。
特殊エネルギーを封じるアプローチも《デンジュモクGX》は《戒めの祠》問題があり、《トリデプス》はプレイしかつエネルギーを貼るとなるとスペースが厳しい。

となると対策のアプローチは「《ジュゴン》プランを通しやすくし、相手のゼブライカを狙っていく。ドローソースが切れた所で《フラダリラボ》や《ブラックマーケット◆》《リセットスタンプ》を通して勝ちを狙いに行く。」ことが一番良さそうです。

ここで《ジュゴン》プランを通しやすくと簡単に言いましたが、ここからが一番大変で地味な作業だと思います。
新しく出たデッキ構築にポケモンの枚数、サポート配分、エネルギー配分など1,2枚の変化を徹底的に考え実戦で使用感を確かめていきます。

また、デッキ構築の変化において、新しく増えたカードの中からこのデッキタイプと相性の良いカードを探します。

ハプウ

今回は《ハプウ》がこれに当たります。
あまり縦で引くカードに強いカードがなかったため《ポケギア3.0》を使用していましたが、《ハプウ》の登場で大きく変わりました。

ゲーム中盤の不要なカードを捨てながら《ブラックマーケット◆》や《リセットスタンプ》《ダブル無色エネルギー》といったカードにアクセスすることが出来るため、非常に相性がいいカードです。

方向転換

とここまで書いた所で新たなカード《アローラペルシアンGX》が発表されました。

これでは最早《ジュゴン》を使う理由がありません。

パンプジン》に対しても、特殊エネルギーを封じることで勝つことが出来ます。《アローラニャース》により後攻1ターン目から70ダメージを出すことが出来るのも強みです。

なのでスタート地点がかわり、このようなレシピからになりました。

ここからはまたやり直しです。

まずは《アローラペルシアンGX》が入ることによる強みと、まだ対策しきれていない部分を言語化し、このデッキタイプを理解します。

・・例

《アローラペルシアンGX》が入ることで特に《パンプジン》や《マッシブーン》などに強く出れるようになりました。また《ダブル無色エネルギー》や《トリプル加速エネルギー》《カウンターエネルギー》《リサイクルエネルギー》に対しても強く出ることが出来ます。
しかし《ルガルガンGX》は基本エネルギーや《くろおび》、《ネクロズマ》に関しても基本超エネルギーだけでワザを打ってくることもあるので、これだけで見きれない範囲も広いです。

このように入った強みと、まだ対策出来ていない部分を言語化することが出来れば取るべきアプローチが見えてきます。

まとめ

まだ最新弾「リミックスバウト」に向けたデッキとしては未完成(執筆時点ではカードリストも公開されていないため)なので、新弾で流行りそうなデッキタイプや、新たなカードと組み合わせて更にデッキを強くしていきましょう。

それではまた。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧