ポケモン│デッキ紹介│あむ【ネクロズマ/カラマネロ】

あむさんから先日開催のJCS2019のデッキ解説記事をラッシュメディアにいただきました。


今回は先日行われたJCSにて、見事マスターリーグ準優勝をした「ヒビノ コウスケ」選手が使用した《ネクロズマ》+《カラマネロ》デッキについての紹介です。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

似たようなデッキタイプとして以前チャンピオンズリーグで入賞した《ギラティナ》+《カラマネロ》がありますが、今回のデッキはメインアタッカーが《ネクロズマ》になっています。

今回はこのデッキのポイントを見ていきましょう。

デッキレシピのポイント

余計な要素がない

カラマネロ》は非常に強力な特性をもち、多くのポケモンと相性が良いです。

カラマネロ

そのため《闘エネルギー》を入れれば《ガブリアス&ギラティナGX》、鋼エネルギーを入れれば《ウルトラネクロズマGX》、《オンバーンGX》などを入れた《ミュウツー&ミュウGX》型など様々な型が存在します。

出来ることが多い分、60枚に収めるために環境に合わせてカードを取捨選択するのが非常に難しいデッキです。これも入れて、アレも入れて、とやっていくと非常に中途半端なデッキになってしまいます。

その中で今回のデッキレシピは基本的な軸が《ネクロズマ》を中心に構成されており、《ネクロズマGX》のGXワザや《のろいのおふだ》はその打点を補助する役割となっていました。
プランがたてやすくやることが明確で、後述しますが《カラマネロ》デッキの弱みでもある《リセットスタンプ》後のフィニッシュもしやすいのが強みでした。

サイドレースの強み

非GXであるため、TAG TEAM GXやGXポケモンを相手にする場合はサイドレースを進めやすくかなり使いやすいデッキだと思います。
ネクロズマ》は非GXでありながら160ダメージを出すことが出来るため、非GX同士の戦いでも打点不足になることはほぼありません。ただ、ワザを使うのが2~3ターン目になるため、初動の早い《ジラーチ》+《サンダー》は少し不利になってきます。

ダメージの話

まずデッキのダメージを整理しましょう。

打点の概要

①  バトル場へのダメージ
ネクロズマ》:30or100or160
ギラティナ》:130
ネクロズマGX》:10+超エネルギー×60ダメージ(基本190ダメージor250ダメージ)
カプ・テテフGX》:お互いのエネルギー×20ダメージ

②  ダメージをばら撒く
ギラティナ》:ベンチ2体に10点
のろいのおふだ》:好きな所に10点を4個
ネクロズマGX》のGXワザ:相手の「ポケモンGX・EX」全員に100ダメージ

特に《ギラティナ》の特性と《のろいのおふだ》は非常に優秀で、相手の回復カード《アセロラ》《グレートポーション》《まんたんのくすり》や《リセットスタンプ》をケアしながらサイドを取ることが出来ます。

のろいのおふだ

 

打点計算

・TAG TEAM GX相手

160×2回で環境にいるどのTAG TEAM GXも倒すことが出来ます。
特にHP270以下のTAG TEAM GX相手であれば(超抵抗がない限り)、《グレートポーション》を使われてしまっても2回で倒すことが出来ます。
また、最近流行りの《ミュウツー&ミュウGX》など超弱点のGXに関しては一撃で倒すことが出来るのも強み。

ミュウツー&ミュウGX

・ポケモンGX相手

展開役として多く採用されている《デデンネGX》や《カプ・テテフGX》は160ダメージ+αで簡単に倒すことが出来ます。

HP200ラインも《のろいのおふだ》で見ることが出来ますが、流行っているポケモンで少し厄介なのが《ゾロアークGX》でしょうか。

しかし以前の《ゾロアークGX》であれば《喰いつくされた原野》で《ネクロズマ》を倒すことが出来ましたが、現在は120ダメージしかでないため《ゾロアークGX》側も対処に困ります。

さらにこちらは《のろいのおふだ》や《こだわりハチマキ》、《ネクロズマGX》などの打点を補う要素が多くあるため、サイドレースで不利を背負うことはあまりありません。

アセロラ》などを多投しているデッキタイプもTAG TEAM GXの台頭により減っているのが追い風です。
逆にケアしなければならないのは《カラマネロ》を倒すプランを取られ、ゲーム終盤に後続が立たなくなること。かならず終盤まで後続を作り続けられる盤面作りは意識しなければなりません。

デッキのキーポイント

リサイクルエネルギー

このデッキを支えるキーカード。ワザを使い始める2~3ターン目までに1枚引ければ、基本的に場や手札からなくなることはありません。
手札に帰ってくるタイミング的に《リセットスタンプ》の影響を受けにくいため、終盤もワザを打つハードルはかなり低くなるのが強みです。

ザオボー》を使用されるとロストゾーンに飛んでしまいますが、そもそも採用されているデッキがHANDくらいで、HAND相手は非GXである強みや《ネクロズマGX》による青天井の打点があるためあまり考慮しなくて良さそうです。
同じく《改造ハンマー》+《ムサシとコジロウ》も現環境ではあまりケアする必要がなさそうな所。

総評

TAG TEAM GXや《ゾロアークGX》が増える環境で戦いやすい非GX軸であり、非GX系統のデッキの弱点であった《リセットスタンプ》に対しても強く出られるのは環境にあったとても良いデッキだったと思います。

しかし《カラマネロ》の特性上、序盤の盤面が上手く出来ないと遅れたテンポを取り返せずツラい試合になってしまいます。そのため《マーシャドー》や《ジャッジマン》といった序中盤の妨害に対して厳しそうな所があります。
また《カプ・テテフGX》や《リサイクルエネルギー》のサイド落ちによって序盤の盤面作りが上手く出来ない可能性も捨てきれません。

安定志向を取りたい場合は《カプ・テテフGX》や《シロナ》《エリカのおもてなし》といったドローサポートを増やす選択肢もありそうです。

JCSも終わりシーズンオフとなりましたが、このデッキタイプは今後も環境に入ってくる可能性があるので是非使ってみて次のシーズンに備えましょう。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧