ポケモン | 大会レポート │ あむ【JCS2019】

あむさんから先日参加のJCS2019のレポート記事をラッシュメディアにいただきました。


お疲れ様です。

JCS、そしてWCS2019シーズンお疲れ様でした。

大会前はCSPランキング36位と、日本代表圏内で迎えた大事な大会。結果はCSP0ptと不甲斐ない結果に終わってしまい、最終ポイントランキング67位で日本代表の座を逃してしまいました。

WCS2019シーズンとともにポケモンカードに復帰し、プロとして本格的にポケモンカードに取り組んだシーズンでしたが、結果として目標を達成することが出来なかったのは本当に悔しいです。

最後まで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。この悔しさを忘れることなく、来シーズンまたリベンジします。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

今回のJCS環境について

今環境のポイント

①《プレシャスボール》の登場
②《ミュウツー&ミュウGX》の登場
③妨害&対策カード
④メタ外のデッキが想定される

①《プレシャスボール》の登場

プレシャスボール

ゾロアークGX》を軸にしたデッキ、及び《カプ・テテフGX》《デデンネGX》の評価が大幅に上昇しました。

特に《ゾロアークGX》系統のデッキは大幅な強化を得ました。
初ターンの展開は《カプ・テテフGX》から《ウツギ博士のレクチャー》で安定しますし、進化先の《ゾロアークGX》《ルガルガンGX》《ペルシアンGX》などをサーチ出来るため中盤以降も強くなります。

また、今まで《ジラーチ》もしくは《ブルーの探索》などで安定性を高めていた《レシラム&リザードンGX》デッキも、《プレシャスボール》が出たことにより1ターン目に《カキ》を安定して打てるようになりデッキパワーが高まりました。

②《ミュウツー&ミュウGX》の登場

ミュウツー&ミュウGX

新弾「ミラクルツイン」にて登場した《ミュウツー&ミュウGX》。
特性「パーフェクション」により、トラッシュおよびベンチにある「ポケモンGX・EX」のワザが全て使えるようになります。

様々な候補カードがありますが、特に強力だと思ったのが下記の4種

リザードンGX

リザードンGX

レシラム&リザードンGX》ミラーにおいて、4エネルギーで300ダメージ出せるのが強力。

オンバーンGX

オンバーンGX

序盤にワザ「ディストーション」を使えると非常に強力。《プレシャスボール》などの強力な展開を防ぐことが出来ます。また、そのままワザ「ラウドソニック」に繋がるのも魅力。
マタドガス》や《パンプジン》など特殊エネルギーが軸のデッキはこれだけで完封出来る可能性もあります。

チルタリスGX

チルタリスGX

ワザ「ブライトトーン」が強力。GX主体のデッキに対して使うことで、相手に《グズマ》や《あなぬけのヒモ》といったカードを要求することが出来ます。
特に《レシラム&リザードンGX》を一撃で倒すことが出来ない場合に、安全に50ダメージを与えられるのが使いやすいです。

ソルガレオGX

ソルガレオGX

これも多くのデッキで採用されていました。
ワザ「ターボストライク」で120ダメージを与えながらエネルギー加速が強力。後攻1ターン目でも《ダブル無色エネルギー》から打てるのも扱いやすいカードです。

③妨害&対策カード

これらの強力なカードに対して、対策として採用数が増えているカードたちがこちら。

アローラベトベトン》《無人発電所》《マーシャドー

カプ・テテフGX》《デデンネGX》《ゾロアークGX》《ミュウツー&ミュウGX》などの強力な特性を軸にしたデッキではこれらのカードの対策を考えなければなりませんでした。

アローラベトベトン》は1ターン目に進化出来ないため、最速で先攻2ターン目から。そのため1ターン目に展開さえ出来れば問題ない《ゾロアークGX》は致命的な影響は受けません。
また《ミュウツー&ミュウGX》も《アローラベトベトン》で特性が止まってしまうものの《隠密フード》を貼ることでワザを打つことが出来ます。

隠密フード

先攻プレイヤーの《無人発電所》や《マーシャドー》に対しては、ある程度の割り切りも重要で、これらのカードが厳しいデッキは出来る限り「スタジアム」や「サポート」を増やすことが大事です。

④メタ外のデッキが想定される

新弾「ミラクルツイン」や、スターターの発売によって、《ヤドン&コダックGX》や《ポケモンけんきゅうじょ》を軸にした化石デッキ、《グソクムシャGX》や《ブラッキー&ダークライGX》など様々なデッキが登場することが予想されました。
また、既存デッキからも《パンプジン》や《ジラーチ》+《サンダー》、《ウルトラネクロズマGX》、《ヌオー》+《フリーザー》、《ファイヤー&サンダー&フリーザーGX》などは一定数いると考えられ、まさに群雄割拠の環境だったと思います。

これらを踏まえたJCS環境の想定

・・Tier1
レシラム&リザードンGX
ルガルガンGX》+《ゾロアークGX
・・Tier2
ゾロアークGX》系統
パンプジン
ミュウツー&ミュウGX》バレット
カラマネロ》系統
化石デッキ

プレシャスボール》によって圧倒的なデッキパワーを得た2デッキはTier1。
それらに対して対策でき、勝ち筋があるデッキがTier2に位置しています。

Tier1だけならまだしも、Tier2も含めて全体的に対策するのは困難で、今回の大会ではどのデッキをメタり、どのデッキを割り切るかの判断が非常に大事だったと思います。

使用デッキの候補4種

コントロール《ゾロアークGX

今回使用したのはこのコントロール型の《ゾロアークGX》でした。

かなりプレイングが難しく、時間制限25分もギリギリです。
詳しい使い方が気になる方は、有料になってしまいますがデッキ作成者のしゅんくんがnoteを書いていますので、そちらをどうぞ。
https://note.mu/dedenneshun/n/n0b7aed9106b8
(外部リンク:[PJCS2019]コントロールゾロアーク解説)

今回このデッキを使用したのは自分(3勝5敗)、アリス(7勝2敗)、しゅん(8勝1敗、Day2ベスト64)の3人でした。

ゲーム中盤以降《リセットスタンプ》+《ムサシとコジロウ》+《ザクザクピッケル》のコンボでデッキトップを操作しながら、《ヤレユータン》のワザ「リソースマネジメント」でこれらのパーツを山札に戻してループします。
ライブラリアウトもしくは《クラッシュハンマー》でエネルギーを割り切ってから相手のポケモンを倒しきって勝つという2つの勝利プランがあり、どのデッキに対しても広く戦えるのが魅力でした。

Day2の時間制限50分というルールにおいては非常に強力で、デッキの主軸は《ゾロアークGX》であるためサドンデスルールにも対応してるのが強みです。

サーナイトGX

プレシャスボール》の発売によって強化されたカードの1つに《アローラキュウコンGX》がいます。

特に2進化GXと相性がよく、カードプールの中で《ゾロアークGX》や《レシラム&リザードンGX》に対して強く出れるのが《サーナイトGX》でした。
サーナイトGX》はワザのダメージがちょうどよく、特性「ひみつのいずみ」でのフェアリーエネルギー+《トリプル加速エネルギー》+《こだわりハチマキ》で、4エネついた《レシラム&リザードンGX》や2エネついた《ゾロアークGX》を倒すことが出来ます。

これらの必要パーツを集めるためにデッキに入ったのがアタッカーとしても優秀な《ペルシアンGX》でした。特に終盤に特性「キャットウォーク」から《ワンダーラビリンス◇》と《リセットスタンプ》を持ってこれるのも強力です。

ラムパルド》《アバゴーラ

新弾にて《ポケモンけんきゅうじょ》が登場し、最初に考察したのが化石軸のデッキでした。
元々前環境から《ラムパルド》デッキを組んでおり、それが《ポケモンけんきゅうじょ》の登場により強化された形となります。

化石軸のデッキは主に《ラムパルド》《アバゴーラ》《プテラ》《プテラGX》がメインアタッカーとなります。
ラムパルド》を採用する場合は《カウンターエネルギー》を採用したカウンター型、《プテラGX》を採用する場合は闘エネルギー+《ダブル無色エネルギー》型となり、それぞれデッキとしては動き方が大きく変わります。

カウンターエネルギー》を採用する場合は、最後のサイドの取り方が非常に難しく、《超ブーストエネルギー》が発動出来れば強力ですが、サイド落ちや条件をクリア出来なかった場合が困難。

無人発電所》や《アローラベトベトン》は、スタジアムの張替えや《隠密フード》により回避されてしまうことや、初ターンに《アローラベトベトン》を立てることが出来ないこと、《無人発電所》自体を引きづらいことも問題でした。
そのため特性「エナジーしんか」によって水エネルギーをプレイするだけでロック状態に持っていける《グレイシアGX》を軸に、打点の足りなさを補うため《ユキメノコ》を採用しました。

実際のJCS環境

Day2に進出した64デッキは以下の通りになったようです。

Day2 64デッキ
レシラム&リザードンGX》・・・15
ゾロアークGX》系統・・・15
化石系統・・・6
カラマネロ系統・・・5
ミュウツー&ミュウGX》・・・5
ピカチュウ&ゼクロムGX》・・・4
悪系統・・・3
その他(使用数2以下)・・・11

想定と大きく離れていませんが、ほぼ半数が《レシラム&リザードンGX》もしくは《ゾロアークGX》を使用していました。使用者が多いことと、安定性が高いことでTier1らしく結果を残してきました。

化石系統も多く数を残しましたが、《ラムパルド》+《アバゴーラ》のタイプだけでなく《プテラ》+《アバゴーラ》や《プテラGX》+《アバゴーラ》などの組み合わせがあったようです。

ピカチュウ&ゼクロムGX》は《レシラム&リザードンGX》の登場や、《無人発電所》や《アローラベトベトン》などの対策から厳しい立ち位置だと思いましたが、《プレシャスボール》の登場によって《カプ・テテフGX》や《デデンネGX》が場に出ることがふえ、ワザ「タッグボルト」によるサイド複数枚取りが出来やすくなったことが追い風になったようでした。

JCS総括

全体的な感想として今回は様々なデッキタイプが環境に存在したことや、トップメタのデッキパワーが非常に高かったことで、対策に回り切るデッキ(※ラフレシアやフーパブラッキーなどのデッキ)が少なく、トップメタが安定した結果を残したという印象です。

そんな中準優勝した《ネクロズマ》軸のデッキタイプ。

非GX主軸なため、TAG TEAM GXやGX相手に強いだけでなく、《ネクロズマGX》のGXワザや《のろいのおふだ》により、非GX軸の弱点であった《リセットスタンプ》を避けながら足りない打点を補うことが出来ます。また、デッキのシステムとして非GX同士の対戦において非常に強力な《カラマネロ》+《ギラティナ》ギミックが搭載されているのはデッキの完成度が高いと感じました。
(※こちらに関してはまた後日カードラッシュメディアにて記事を公開予定です。)

最後に

しばらくの間大型大会はないですが、次のシーズンは9月から。ミュウツーHR争奪戦や世界大会を楽しんでいる間にすぐ始まります。
ミラクルツイン環境をしっかりと把握した上で、次弾以降の環境についていけるよう頑張りましょう。

最後になりますが、今シーズン最後まで応援してくださった皆様本当にありがとうございました。応援のメッセージをいただけるのは本当にありがたいことで、嬉しくいつも力になっていました。

来シーズン、必ずリベンジします!!また来シーズンも応援していただけると嬉しいです。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧