ポケモン | ミラクルツイン | ラッシュpros

今回は5/31発売の最新弾「ミラクルツイン」の注目のカードTOP3と環境に与える影響について、Card Rush Pros所属

とーしん(@1483toushin3069)さん
あむ(@4mutaaaN)さん
アリス(@pokemon_courage)さん

の3人に伺いました。
それでは早速内容を見ていきましょう。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

あむ(@4mutaaaN)

ミラクルツイン注目ポイント

今回のミラクルツインでは、多くのデッキタイプが増えると思われる。

所謂デザイナーズコンボと呼ばれるような組み合わせが多く、《ポケモンけんきゅうじょ》を用いた化石系のデッキ、《マニューラGX》を中心にしたあくタイプのデッキや《ヤドン&コダックGX》+《カスミのおねがい》+《ラプラス》デッキなど、多くのデッキタイプが増えそうだ。

次の大型大会、JCSではこれらの新しいデッキタイプも含めて幅広く考える必要がある。

1位 《ミュウツー&ミュウGX

ミラクルツインの看板ポケモン《ミュウツー&ミュウGX》。

特性「パーフェクション」によりベンチおよびトラッシュにあるGXのワザを全て使うことが出来る。
既存のGXデッキの弱点対策としても、もしくは専用構築により今まで使いにくかった1進化や2進化のGXポケモンのワザを使用する形が初期は多いだろう。

トラッシュに送るため、サーチカードとして《プレシャスボール》。

プレシャスボール

また、新たなサポートカード《ハプウ》も相性が良いと思われる。

同じくミラクルツインで収録された《カスミのおねがい》と《ラプラス》を使ったデッキが非常に強力。

水エネルギー2つでワザ「ぽいぽいスプラッシュ」を使用することが出来る。
ダメージはトラッシュしたサポートの枚数×40ダメージ。流行りの《レシラム&リザードンGX》に対しては4枚トラッシュ、《ゾロアークGX》などのHP240以下のGXポケモンに対しては6枚トラッシュすることで倒すことが出来る。

一見厳しい条件のようにも見えるが、《カスミのおねがい》は1枚でサポート3枚を手札に加えることができ、《ラプラス》の特性で毎ターン《カスミのおねがい》をトラッシュから回収出来るため、かなり条件は満たしやすい。

リセットスタンプ》など手札をリセットしてくる相手に対しても強く出ることが出来るのが良いポイント。

しかし弱点は《ラプラス》頼りな部分。《アローラベトベトン》によりたねポケモンの特性を止められてしまうと厳しくなってしまうため、どのように対策もしくはサブプランを取るかが大事になってくるだろう。

3位 《グレートポーション

デメリットなしでGXポケモンのHPを50回復することが出来る。

ブルーの探索》などをいれたTAG TEAM GX軸のデッキでは《タッグスイッチ》+《まんたんのくすり》のコンボが非常に強い。
それに対して《グレートポーション》のメリットとしては1枚で簡潔する点でドローソースやスペースがあまりないデッキにも入りやすいことと、ダメージを軽減するカードとの相性が良さそうということ。
例えばミラクルツインに収録された『ハハコモリ』は『モクロー&アローラナッシーGX』と『グレートポーション』で組み合わせて使えそうな特性を持っている。

他にも《こだわりメット》や《鋼鉄のフライパン》のようなダメージを軽減するカードと《グレートポーション》は相性が良いと感じる。

環境初期からこのカードが使われることはあまりないであろうが、メタデッキがある程度かたまり、それに対して有効なカードになる可能性は十分にある。
そうなると《ゾロアークGX》や《ジラーチ》+《サンダー》といった中打点をメインにするデッキタイプは少し厳しい状況になるかもしれない。

実際に《こだわりハチマキ》をつけた《ゾロアークGX》のワザ「ライオットビート」は150ダメージが出るため、TAG TEAM GXを2回で倒すことが出来た。しかし1枚《グレートポーション》を使われるだけでその確定数がズレるのは少々向かい風になりそうだ。

アリス(@pokemon_courage)

どうもアリスです。
今回はミラクルツインとスターターデッキから私の注目カードを紹介していきたいと思います。では早速

1位 《ミュウツー&ミュウGX

1位は今回のパックのメインとも言える《ミュウツー&ミュウGX》。

ミュウツー&ミュウGX》の特性「パーフェクション」はトラッシュまたは自分の場にいるGXポケモンの技を使うことができます(技にかかるエネルギーは必要)。

なので2進化GXの強力なGX技を使うことや、本来のアタッカーではつけない弱点をつくことができるようになるので、このポケモンが環境に存在するというだけで様々なことを考えないといけなくなります。
また、《ミュウツー&ミュウGX》をメインに置いて様々なポケモンの技を使い分けて戦うのか、苦手なタイプに対して対抗するためにサブとして採用されていくのかも今後の大会で注目していきたいですね!

2位 《マニューラGX

2位は同日に発売される拡張デッキに入っている《マニューラGX》です。

マニューラGX》の特性「シャドーコネクション」は自分の場の《基本悪エネルギー》を好きなように動かすことができます。《ダークライGX》や《ダークライ◇》などで場のエネルギーを増やして《ゲッコウガ&ゾロアークGX》の技のダメージをあげて、ダメージを受けたらエネルギーを動かして《まんたんのくすり》で回復して再び殴りにいくという非常に強力なコンボが簡単にできるようになります。

一緒に収録されている《ナイトシティ》や《月輪の祭壇》など悪ポケモンの逃げるアクションをサポートしてくれるスタジアムもあるので《マニューラGX》を採用したダークトランス系(エネルギーを付け替えるタイプの特性)は環境に食い込んできそうですね。

3位 《プレシャスボール

3位はポケモンではなくグッズの《プレシャスボール》です。

プレシャスボール》は山札のGXポケモンを一枚手札に加えることができるカードです。これは《ハイパーボール》と違ってリソースを捨てることなくGXポケモンを持ってこれる点がとても魅力的です。《カプテテフGX》や《デデンネGX》といったポケモンが採用されているデッキはボールの枚数から調整しなくてはいけないようになると思います。60枚をフルで活用するデッキ(ゾロアーク系など)では《ハイパーボール》よりも優先して採用されることになりそうですね!

総評

今回はこれ以外にも《ヤドン&コダックGX》や《ラティオスGX》などの環境に食い込んできそうな強力なポケモンがたくさん収録されています。またピンポイントメタのカードなどにより環境から消えざるを得ないデッキも出てくるかもしれません。

実際にカードが発売されてから気づくことなどもありますのでJCSまで残り短いですが色々試してみましょう!そして最後に有終の美を飾れるように頑張っていきましょう!

とーしん(@1483toushin3069)

1位 《ミュウツー&ミュウGX

1位はパックのメインポケモンであり、世間の事前評価も高い《ミュウツー&ミュウGX》。

特性「パーフェクション」によって場やトラッシュにあるすべてのGX技を使うことができるため、デッキ構築の幅が非常に広い。
ミュウツー&ミュウGX》を軸として様々な進化GXポケモンの技を使い分けるだけでなく、既存の《ピカチュウ&ゼクロムGX》や《レシラム&リザードンGX》に弱点分散としてのタッチ採用なども考えられる。
また、《ウルトラネクロズマGX》や《ゾロアークGX》のようなデッキにおいても、HPが大きく上がり《アセロラ》等を使いやすくなるという点での採用の可能性が考えられる。

2位 《テラキオン

条件を満たすことで200ダメージを非GXポケモンながらに出すことのできる《テラキオン》。

既存のデッキにタッチで採用といった使われ方はカードの性質上難しそうなので、専用のデッキ構築をする必要がありそうだ。
3エネルギーの準備と場を整える必要があるためその2点を分けて考えたいと思う。

前者に関しては、《くろおび》、《ダブル無色エネルギー》、《カウンターエネルギー》と上手く使っていければ1ターンで起動できるので見た目よりハードルは高くないと感じた。

後者に関しては、ベンチを《ミカルゲ》のみにすることで達成できるが、そうなると後続の《テラキオン》を準備できない。
ルージュラ》を採用し、ダメージカウンターをダメージカウンターの乗っていない《テラキオン》に移動させることで、解決を図れそうである。

3位 《マニューラGX

場の基本悪エネルギーを自由に動かすことのできる特性「シャドーコネクション」。
エネルギーを自由に動かせる特性は、HPの高いTAGTEAMと合わせて《まんたんのくすり》を上手く使い戦っていくのが王道である。
メガヤミラミ&バンギラスGX》や《ブラッキー&ダークライGX》、《ゲッコウガ&ゾロアークGX》などがメインアタッカーとして挙げられるだろう。
前述の《ミュウツー&ミュウGX》も格闘対策としてタッチで採用することでデッキの対応幅を広げることができる。

総評

今回の「ミラクルツイン」並びに構築済みデッキは新しいアーキタイプが多く登場するパックになるのではないかと考えている。

上記であげた「シャドーコネクション」のデッキや、《ポケモンけんきゅうじょ》を用いた化石系デッキ、《カスミのおねがい》+《ヤドン&コダックGX》のデッキなど。
JCSに向けて考えると、様々なデッキをテストプレイで試してみること、一度対戦相手として戦った経験を持っておくこと、が大切になるだろう。

どんなデッキがJCSの頂点に立つか、楽しみである。

 

ミラクルツインのシングルカードはカードラッシュ通販店にて好評販売中です。
今回の記事内で紹介された注目のカードももちろんご用意しておりますのでぜひご利用ください!!
↓バナーをクリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧