シティリーグ解説|あむ

今回は5月12日に開催されたシティリーグ秋葉原の解説記事をあむさん(@4mutaaaN)からラッシュメディアにいただきました。


※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush-pokemon.jp/)

5/12 シティーリーグ 秋葉原 結果

優勝
レシラム&リザードンGX》+《ヒードランGX
準優勝
Card Rush Pros アリス
ゾロアークGX》+《ルガルガンGX》+《ペルシアンGX
※アリスさんのレポート記事は後日公開予定です
ベスト4
フリーザー》+《ヌオー》バレット
ゾロアークGX》+《ペルシアンGX》+《ジュゴン

・シティーリーグ注目ポイント

ゾロアークGX》系統や水バレット(《フリーザー》や《ヌオー》を中心にしたデッキタイプ)が伸びているのが注目ポイント。

どちらもタッチカードを入れやすく、様々なデッキに対応することが出来るのがデッキの強みです。
最近では水バレットとはいえ《レインボーエネルギー》や《ユニットエネルギー草炎水》を入れることで《マーシャドー&カイリキーGX》を入れたり、《ファイヤー&サンダー&フリーザーGX》を入れるタイプも出てきました。

相手からしても何が出てくるのかわかりにくいため、シティーリーグや大型大会で選択しやすいデッキです。環境をしっかりと予測することができれば、新弾「ミラクルツイン」後も生き残っていけるデッキタイプだと思います。

・シティーリーグ注目デッキ

チャンピオンズリーグ京都でも結果を残していた《ジラーチ》を投入したタイプの《レシラム&リザードンGX》を中心にしたデッキ。

今回のレシピとして特徴的な部分は《ウソッキー》と《まんたんのくすり》+《ヒードランGX》を2枚ずつ採用している所でしょう。

ゾロアークGXが環境に増え、《ユキメノコ》や《ヤドキング》といった《レシラム&リザードンGX》を一撃で倒すことが出来るカードが入ることが多くなってきました。
対策カードが無ければそのまま《ゾロアークGX》側が先にサイドを6枚取ってしまうため、《レシラム&リザードンGX》側はどこかでサイドレースを捲くらなければなりません。

そのためのカードとして《こだわりハチマキ》をつけた《ゾロアークGX》の技「ライオットビート」を2回耐えるようになる《ウソッキー》は有効です。

また、《ヒードランGX》の特性「バーニングロード」と《まんたんのくすり》でダメージカウンターの乗った《レシラム&リザードンGX》を回復しながら戦うことが出来るため《ゾロアークGX》だけでなく、様々なデッキに対して強く戦えるようになります。

特に現環境では《リセットスタンプ》というカードを入れているデッキが多いため、不利な展開を捲ることが出来る手段が複数枚入っているのは使いやすそうだなと感じました。

今週末、そして来週とスカイレジェンド環境でのシティーリーグがありますが、様々なデッキが台頭している現時点では、幅広いデッキタイプに対して有利に戦うことが出来る《レシラム&リザードンGX》と《ゾロアークGX》はまだまだ勢いが強そうです。

記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧