遊戯王CSレポート│モミジ 【2019年5月1週】

今回はモミジさんからラッシュメディアにゴールデンウィーク中のCSについてのレポート記事をいただきました。


皆さんこんにちはcardrushprosのモミジです。
今回はGWの5/3、5/6に行われたまきようCSと足立CSに参加してきましたので、その時に使ったデッキの解説や各デッキに対してのプレイやサイドチェンジ等について紹介していきます。

※記事内紹介のカードはカード名のリンク、記事末尾の
バナーをクリックで通販サイトへアクセスできます
通販サイト(https://www.cardrush.jp/)

・対戦レポート

まきようCS
魔鍾銅オルター○××
魔鍾銅閃刀姫○×-
BF○×-
魔鍾銅ノイド××
魔鍾銅閃刀姫×○-
ID
魔鍾銅閃刀姫×○-
魔鍾銅ノイド×○○
1-2-5で優勝

足立CS
オルター×
魔鍾銅ノイド××
0-2

まずはじめに今回の対戦結果ですが、
合わせて1-4-5でした。
使用デッキは両日ともにサンダードラゴンです。

まきようCSで使用したサンダードラゴンがこちら

【メインデッキ】

【エクストラデッキ】

【サイドデッキ】

 

足立CSで使用したサンダードラゴンがこちら

【メインデッキ】

【エクストラデッキ】

【サイドデッキ】

まきようCSではメインは狡猾の落とし穴、足立CSではバージェストマディノミスクスを採用。それぞれの強みとしては以下の通りです。

《狡猾の落とし穴》
魔鍾銅に対して自分からモンスターを破壊できる為、魔鍾銅の対策として使えるのと、自分の超雷龍サンダードラゴン雷神龍サンダードラゴンを破壊して墓地のサンダードラゴンモンスターを除外し効果を発動したりできる為相性良好

《バージェストマディノミスクス》
魔鍾銅対策として使うことができ、更に今期の環境はカード効果で破壊できないモンスター(主にオルフェゴールディンギルス雷神龍サンダードラゴン等)が存在するため、除外するバージェストマディノミスクスは現環境では強く使っていけると思います。

・デッキ選択理由

そもそも今期の環境でシェア率が高い「転生炎獣」と「オルフェゴール」に相性が良いからという理由で使用デッキに「サンダードラゴン」を選択しましたが、結果を見てわかるとおり今回はデッキ選択自体を間違えてしまっていたと思います。

最近の環境について、関西と関東でトップシェアのデッキが変わってきてると感じました。
関西ではおおよそ想定の通りである「セフィラ」「オルフェゴール」「転生炎獣」がトップシェアであったと思いますがそれに対して関東では「閃刀姫」「オルターガイスト」「インフェルノイド」「サンダードラゴン」が多いイメージです。

サーチを多様する「セフィラ」や「転生炎獣」には相性がいいため関西で「サンダードラゴン」を使うことは選択肢として良いでしょう。
しかし、関東の「閃刀姫」や「オルターガイスト」や「インフェルノイド」は魔鍾銅が入っている構築がほとんどで、モンスターで闘うデッキであるサンダードラゴンに対して魔鍾銅は天敵です。
メインで魔鍾銅を使われた時は解答がないなら一本目は捨ててしまって逆スト勝ちを狙う方法もありますが、厳しい戦いを強いられることになります。

関東でサンダードラゴンを使用する場合はメインとサイド合わせて10枚以上は魔鍾銅対策が必要となるでしょう。

サンダードラゴンを使うにあたっての魔鍾銅対策カードを具体的にあげていくと

ハーピィの羽根箒
ツインツイスター
コズミックサイクロン
闇のデッキ破壊ウイルス
バージェストマディノミスクス

さらに魔鍾銅の効果破壊を狙う場合に使っていくカードとしては

狡猾の落とし穴
強制脱出装置
激流葬

上記のカードが候補として挙げられます。「サンダードラゴン」を使って魔鍾銅入りのデッキを見るのであればこの中から10枚以上を入れていくことを強くおすすめします。

闇のデッキ破壊ウイルスに関しては魔鍾銅以外にも苦手とする「オルターガイスト」や「サブテラー」に対しても初動で使うことができればゲームエンドまで持っていけるほどのパワーがあるので特におすすめです。

・サンダードラゴンを使うにあたっての各デッキ相性

相性については個人的な主観によるところが大きいのであくまで参考程度で見ていただけたらと思います。
各デッキに対しての相性を有利普通不利かなり不利の4段形式でメイン戦、サイドチェンジ後に分けてそれぞれ出してみました。

オルフェゴール
メイン→有利 / サイド後→有利
転生炎獣
メイン→有利 / サイド後→有利
オルターガイスト
メイン→不利 / サイド後→普通
オルターガイスト(魔鍾銅入り)
メイン→かなり不利 / サイド後→不利
セフィラ
メイン→有利 / サイド後→有利
閃刀姫
メイン→有利 / サイド後→有利
閃刀姫(魔鍾銅入り)
メイン→不利 / サイド後→有利
魔術師
メイン→有利 / サイド後→有利
サブテラー
メイン→不利 / サイド後→普通
インフェルノイド
メイン→不利 / サイド後→不利
インフェルノイド(魔鍾銅入り)
メイン→かなり不利 / サイド後→不利
魔鍾銅バーン
→かなり不利 / サイド後→かなり不利

大体このような感じになります。
本来なら相性がいいはずの閃刀姫に対しても魔鍾銅が入ってくるだけで不利になるあたり、魔鍾銅をいかに苦手としているかお分かりいただけるかと思います。

・プレイのコツ

今回は対展開デッキ、対罠デッキでそれぞれ狙っていきたい構えについて紹介します。

・展開デッキに対しての構え方

まず、展開デッキに対して一番通したいカードが増殖するGだと思います。しかし最近の展開デッキは増殖するG3枚に対してそれを止めるための灰流うらら2枚と墓穴の指名者3枚の合計5枚が入っていて増殖するGが全く通らないということも珍しくありません。

ですが、サンダードラゴンでは墓穴の指名者をケアしながら増殖するGを通すことができるのでその構えを紹介します。

《雷神龍サンダードラゴン》+《雷電龍サンダードラゴン》or《雷源龍サンダードラゴン》+《増殖するG》

展開デッキに対してはこの構えを狙いにいきます。
この構えで相手が展開札+墓穴の指名者って持ってる場合

相手の展開に増殖するGを発動

墓穴の指名者発動、対象は墓地の増殖するG

手札の雷電龍効果にチェーンして雷神龍破壊効果発動

雷神龍の効果で自身を破壊

雷神龍の身代わり効果で墓地の増殖するGとカード一枚を除外

墓穴の指名者が不発

墓穴の指名者は”自身の効果でカードを除外しないとカードの効果を無効にできない”為、この構えを狙いにいけば展開デッキには大体勝てます。

サンダードラゴンは雷鳥龍サンダードラゴンを使ってマリガンすることもできることから、増殖するG以外にも手札誘発を引きやすくなっているためこの構えを狙うことはそこまで難しいことではありません。

・罠デッキに対しての構え方

最近の罠デッキには大捕り物強制脱出装置、サンダードラゴンが苦手とするカードの採用が多く見受けられます。
罠デッキに対しては融合体である超雷龍サンダードラゴン雷神龍サンダードラゴンを出してもアド損になりやすいので、雷獣龍サンダードラゴンを盤面に残して闘うようにしていきます。

雷獣龍サンダードラゴンは打点2400と罠デッキ相手に強く、墓地に送られたらデッキからサンダードラゴンモンスターを出す効果もあるためライフも取られづらくなり、リソースを残しながら相手の罠を使わせていくことができます。

罠デッキといっても「サブテラー」や「閃刀姫」等のサーチを多様するビートデッキもあるのでそういうデッキに対しては超雷龍サンダードラゴンを出してサーチを止めにいったりと臨機応変に対応をしていきましょう。

・これからの環境

これからの環境については今とあまり変わらない環境がしばらくは継続していくと思います。
ですが、5/21発売のVジャンプで《抹殺の指名者》が出てくるのでそれを使った展開デッキが増えてくるかもしれません。

関東もしばらくは魔鍾銅が入ったデッキが活躍すると思うので、関東の大会に参加をする際には今後は「サンダードラゴン」以外のデッキも使っていきたいと思います。
個人的には「オルターガイスト」や「サブテラー」等の罠ビートデッキにも興味があるのでまずはそれらを候補として使っていくかもしれません。

「転生炎獣」や「オルフェゴール」の流行により、どのデッキにも大体10以上の手札誘発がメインから入っている今の環境で手札誘発がほぼきかない「オルターガイスト」や「サブテラー」はメインを取りやすく、魔鍾銅に対してもオルターガイストならパーソナルスプーフィング、サブテラーならサブテラーの妖魔、汎用罠の強制脱出装置、自分のモンスター召喚に対して神の警告等でメインギミックから対策ができるのも強みだと思っています。
これらのデッキについてもまたいずれ記事にて紹介できたらと思います。

それでは今回はこのあたりまでで、また次回の記事でお会いしましょう。

モミジ


記事内で紹介したカードはカードラッシュ通販店で販売中です
↓クリックで通販サイトへ↓

関連記事一覧